*

記憶とは一体何?記憶するために必要なたったひとつのこと

記憶術には様々なものがあります。

 

私が偶然手にしたとある本には記憶力を伸ばすには12の法則を身につけようと書かれていて、最初の一つが「記憶の法則を良く守ること」、つまり12の法則を使いこなすと書かれていてずっこけたわけですが。

 

この12の法則を良く見てみると記憶とはたったひとつのことを行う作業であるといえます。

SPONSORED LINK

a0007593

記憶とはボックスから一つを取り出す作業ではない

本に書かれていた12の法則を書き出すとこのようになります。

 

 

1.記憶の法則を守る
2.マイナス暗示から開放される
3.記憶するものに興味をもち観察する
4.多くの感覚器官を利用する
5.自分の得意な感覚を利用する
6.意味付けをして覚える
7.連想を働かせる
8.反復し、しっかりと固定する
9.年齢にあった記憶法を取る
10.覚えたあとは適度に脳をやすませる
11.意味をはっきりと理解する
12.記憶したいことを視覚化する

 

最初の2つは気持ちの問題、精神論なので論外として、この法則で最も重要なのは6と7です。

 

pieces-of-the-puzzle-592798_640

 

この画像のように、必要なものをその都度取り出すという作業が記憶を呼び起こすというものではありません。

 

例えば、昨日や一昨日の夕飯を思い出してみるとすると、短期的な記憶はワーキングメモリーに保存されていますので、誰でもある程度はすぐに思い起こすことができますが、1年前のある日の夕飯を思い出すことはできません。

 

では、覚えている食事はなぜ記憶に定着しているのかというと、他の情報と関連づけられているからです。

 

誰かと食べた、とても美味しかった、普段と違うことが食事中に起きた、など何かと食事が結びついているからこそ記憶に定着しているのです。

 

記憶とは頭の中の倉庫にストックするものではない

もう一度先ほどの12の記憶法に戻ると、重要なのは

6.意味付けをして覚える
7.連想を働かせる

 

この2つです。

 

photo-256887_640

 

他の記憶方も上記の2つを達成するための方法の一つに過ぎないので、この2つ、特に6番の意味付けをすることが重要なのだということを覚えておきましょう。

 

僕たちは道ですれ違う人をずっと記憶にとどめておくことはできません。

 

 

でも、知り合いに似ている人だったり、好みのタイプの異性だったり、躓いた人だっとり、特徴的なルックスの人のことは思い出す可能性は、すれ違うだけの人よりはずっと高いはずです。

 

何かを長期的な記憶として脳に固定したいのならば、その情報が自分の持っているどの情報と関連ができそうなのかを考え・結びつけるという作業が必要です。

 

ということは、あらかじめ関連できるカテゴリーや情報がたくさんあったほうが、より多くの情報を記憶としてもっておけることになります。

 

ただ、闇雲に一生懸命何かを覚えようとひたすら暗記を繰り返すよりも、インプットしている情報が自分にとってどんな意味を持つのかを考えたほうが長期的には有意義なものになるはずです。

 

忘却曲線にそって暗記すれば、どんなことでも覚えられると反論がでるかもしれませんが、繰り返しその情報に触れることによってなんらかのすでに持っている記憶と関連付けされることで頭に定着するとも考えられるので、繰り返し記憶しようと努力することは決して無意味な行動ではありませんし、むしろ有効です。

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

記憶力を伸ばすために脳を鍛える.1

そもそも記憶力というのは年齢とともに落ちるものなのでしょうか? 脳研究を専門とする東京大学

記事を読む

睡眠不足は風邪を引きやすくする

睡眠不足は風邪を引きやすくする。 特にこれからは受験生にとっては追い込みの時期のため無理をしがちだ

記事を読む

ゆっくりと脳を鍛えて記憶力をあげる3つの方法

これから紹介する脳を鍛えて記憶力を強化する方法は、一見すぐに効果がなさそうなことかもしれません。

記事を読む

集中力を高める3つの方法で脳の他の機能を働かせない

集中力を高めるためには、自分のすると決めたこと以外に脳のリソースを使わないことが重要です。 聞くこ

記事を読む

シリコンバレー式ダイエットで脳を鍛える

シリコンバレー式最強の食事という本をご存じですか? かなり売れた本なので書店に行く人であれ

記事を読む

なぞなぜのとんちで脳を鍛える

なぞなぞを解くためには、思い込みをなくし、問題を別の角度から見て、一見全く関係のないことがら同士をつ

記事を読む

脳を活性化させる様々な方法、ゲーム・ストレッチなどなど

脳を活性化させる様々な方法として各種メディアに紹介された様々な方法をまとめました。  

記事を読む

ブレインフィットネスにおける運動の効果 やらない理由はない

ブレインフィットネス、日本語にすると馴染み深いのは「脳トレ」でしょうか。 ブレインフィット

記事を読む

マインドフルネスに癒やしだけを求めて行ってはいけない

マインドフルネスとはヨーガとメディテーション(瞑想)で構成された8週間のプログラムだが、僕は今回マイ

記事を読む

医学博士の脳トレは食事運動そして生活のメリハリ

”なないろチャレンジ”に(株)脳の学校代表取締役 医師医学博士が出演。   1万人以上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑