*

ゲーム脳なんてなかった!ゲームは好影響か

ゲーム脳という仮説があるのをご存知ですか?ちょっと古い仮説で2002年に日本大学教授で脳科学者である森昭雄が提唱したものですが、一言で言えばゲームをしている時と認知症の症状が同じだとする仮説。

 

この言葉が一人歩きし、ある種の「中毒症状」を表す言葉として定着している感があります。

 

科学誌に掲載された論文にはゲームをしている子としていない子にはある能力の差があることが証明されたそうです。

SPONSORED LINK

louvre-102840_640

 

ゲーム脳といえば、現在はなんでもない風景を見た時に、なんとなくゲームの世界を思い浮かべてしまうことを表す、ややネタ的な使われ方をしています。

 

とはいえ、ゲーム脳という言葉が提唱されたことによって、ゲーム=悪という印象を世間に与えた時期があったことは確かです。

 

 

その後脳トレのゲームが発売されたり、研究によってゲームが人に与える影響には決して悪いものばかりではないことが徐々に証明されつつあるように個人的には感じます。

 

 

ゲームは認知能力と社交性を高めるのか?

 

gamepad-1251355_640

 

コロンビア大学メールマン公衆衛生大学院とパリ第5大学の研究者が科学誌「Social Psychiatry and Psychiatric Epidemiology」に掲載された論文によると、

 

欧州6カ国の、6歳から11歳までの子ども3195人を対象に行なった研究によって

 

ゲームをよくする子どもの方がしない子どもよりも1.75倍の確率で知的機能が高く、学習成績も1.88倍の確率で高かったという。また、ゲームをする子どもは友達関係に問題を持つことが少なく、社会性があることも判明。さらに、子どもの自己申告や親や教師のSDQへの回答において、ゲームによる悪影響は見られなかった

http://tocana.jp/2016/03/post_9122_entry.html

 

では、ゲームは子供にとって必須の遊びなのか?

 

研究者はゲームができる家庭環境にあるかどうかというゲーム以外の要素も影響があることを認めつつも、ゲームするという行為には意味を認めることができるとしている。

 

 

ただし、ゲームをやり過ぎないように釘をさしている。

 

ゲームは何時間以上やらせてはいけないのか?

video-game-1079756_640

 

ゲームをする子どもたちへの注意の一つに「画面を見続けると目が悪くなる」という怒り方があります。

 

これに関してはTEDトーク「Your brain on video games」にて

 

週に5時間、10時間、15時間ゲームをする人は実は彼らの視力は非常にいいという発表があります。

 

優れている点が2つ。

 

 

1つ、散乱した部屋や状況でも小さな見つけたいものを見つけることがdけいる

 

2つ、グレーの色を見分ける能力が高い。

 

グレーが見えると何なん??と思った方は霧の中でのドライブなどでも車を見分けられるという例がTEDでは使われていました。

 

この発表では週15時間、一日2時間弱なら視力には影響がないことが研究されているようですが、

 

 

脳トレで有名な東北大・加齢医学研究所の川島隆太教授らのグループは長時間のゲームプレイは言語知能に発達の遅れがあると発表しています。

 

東北大学が発表した要旨はこちら

 

長時間がどのくらいの時間かは明記されていないので不明であり、対象が一般的には新生児から思春期となる15歳までと幅の拾い”発達期の小児”という表現が使われているため広いので、何歳の子供に影響があるのかは不明ですが

 

発表されている画像を見る限りでは、平日の平均で1~2時間以内のゲームは影響を与える可能性があります。

 

言語知能には悪影響とする研究と認知機能にはよい影響を与えるという両方の結果がでており、まだまだゲームと脳との研究は始まったばかりという感じです。

 

とはいえ、ゲームをコミュニケーションを取るための機能と捉え友人や家族で子供を交えて楽しくプレーするというのが理想の使い方だと個人的には考えますが、みなさんはどのようにお考えでしょうか?

SPONSORED LINK

関連記事

なぞなぜのとんちで脳を鍛える

なぞなぞを解くためには、思い込みをなくし、問題を別の角度から見て、一見全く関係のないことがら同士をつ

記事を読む

医師が実践する脳トレ(ブレインフィットネス)

脳を専門とする医師はどんな脳育(ブレインフィットネス)を行っているのか。 認知症、脳卒中、

記事を読む

痩せテクから学ぶ脳に習慣を覚えさせる方法

仕事や勉強に集中できないのは、もしかしたら脳が新しいことを始めるのにあたって必要な習慣をつけるために

記事を読む

マインドフルネスとは創始者の本から学んだ「集中力」のつけ方

マインドフルネスの創始者であるジョン・カバット・ジン氏の著作を読んでマインドフルネスについて勉強中し

記事を読む

no image

脳が活性化する方法-体験談-

「これをやったら頭がよくなった」方法を教えてください というネット掲示版での質問に対して実体験をもと

記事を読む

悲しい曲を聞くことで癒やしや落ち着きを与えてくれる

悲しい曲を聞くことは失恋の痛みを癒やすときだけではなく、日常的に聞くことで癒やしだけでなく、気持ちを

記事を読む

プレッシャーに打ち勝ち本来の実力を出す方法

ピンチの時に活躍する人のことをしばしば僕たちはヒーローと呼ぶ。   スポーツでいえば試

記事を読む

ゼロベース思考をヒントに”考える”ことについて考える

0ベース思考を知っていますか?   ベストセラーになった本のタイトルです。 &nbs

記事を読む

子供の記憶力は運動が有効!特に屈伸??

米ジョージア工科大学が発表した記憶力アップに運動が効果的だということを取り上げたWooRisさんの記

記事を読む

no image

実際に学校で出された珍問題

学校の試験といえば、日頃の勉強の成果を発揮する場面。 しかし、中には試験勉強など無駄といわんばかりの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

ゼロベース思考をヒントに”考える”ことについて考える

0ベース思考を知っていますか?   ベストセラーになった

アイデア発想の基本ブレインストーミングとは

会社が学校など複数のメンバーが集まって何かを創造しなければいけないとき

脳を活性化させるたった1つの方法

あなたがやる気がでない、集中力が続かない、モチベーションが上がらない、

→もっと見る

PAGE TOP ↑