*

脳トレではなく脳を強化してなりたい自分になる-1

公開日: : 最終更新日:2016/07/25 脳トレ-クイズ, 脳トレ-算数, 脳トレ 活性化方法

SPONSORED LINK

脳トレは衰えた機能を回復させる、もしくは鍛え直すという高齢者向けの運動や計算などを思い浮かべるかもしれません。

 

 

しかし、今回紹介する脳トレは脳を積極的につくりかえて自分流にデザインするトレーニングです。

 

参考資料

 

 

SPONSORED LINK

acoustic-guitar-407214_640

 

脳を番地に分けるて区別する

 

この本の最大の特徴は脳を8つの番地に分けてそれぞれの番地をつなげることで脳を強化するという主張です。

 

  1. 思考系
  2. 勘定系
  3. 伝達系
  4. 理解系
  5. 運動系
  6. 聴覚系
  7. 視覚系
  8. 記憶系

 

この番地は使うことで、どんどんとその脳力の幅を広げていけます。

 

 

 

例えば人の話を聴くという行為によって、何か自分の意見やアイデアが思いついた場合「聴覚系」+「思考系」がつながりますし、歌を聞きながら歌を歌うことは別々の番地が活性化します。

 

 

しかし、私たちには慣れ親しんだ習慣的な日常をなかなか変えることがないので、人によってあまり活動をしない番地が存在してきてしまいます。

 

 

それらの領域をピンポイントで鍛えられれば素晴らしいことでしょうが、自分の脳がどの番地が活動をあまりしていないのかを判断することは素人では無理です。

 

 

個人的には8つの番地を紹介しましたが、どんな行動がどの番地にあてはまるのかなどの細かい説明は無用で、とにかく大事なことは人間の行動は番地と番地の組み合わせを意識するとよいこと、脳はいくつになっても鍛えれば変化することを覚えておきましょう。

 

 

そして、これからそれぞれの番地を鍛えることができると本で紹介されている方法の一部を紹介しますが、その方法も番地と番地が組み合わさるように同時に行ってみましょう。

 

 

例えば、知り合いの名前10人をあげるという脳トレがあったとします。

 

 

すぐにはできない人も訓練していけば、すらすらと10人の名前を思い浮かべることができるようになるでしょうが、できるようになってきたらそれを歩きながら行いましょう。

 

 

このように訓練を自分なりに組み合わせてみましょう。

 

 

トライしてみたら面白そうな脳トレ

 

  • 1日の目標を20文字以内で作る(思考系)
  • 誰かにその日の印象を伝える(感情系)
  • 団体競技スポーツに参加する(伝達系)
  • 選択肢を3つ考えながら話をする(伝達系)
  • 10年前に読んだ本をもう一度読む(理解系)
  • 普段読まないようなジャンルの本タイトルを読む(理解系)
  • 利き手と反対の手で歯磨きをする(運動系)
  • 歌を歌いながら料理を作る(運動系)
  • あいづちのバリエーションを増やす(聴覚系)
  • 電車の中から外に風景に特定の数字を探す(視覚系)
  • 前日に起きた出来事を3つ記憶する(記憶系)

 

 

上記のトレーニングを組み合わせて行ってみましょう。

 

 

特にお勧めなのは現代人に不足しがちな運動と記憶や思考系のトレーニングを+すること。

 

 

運動をしながら外の自然に溢れている音に耳をすますというのもトレーニングになります。

 

 

蝉の声や人の話し声、車の音、学校のチャイムなど意識を集中すれば今まで聞き逃していた様々な音が耳に聞こえるようになってくるはずです。

 

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

no image

脳を鍛える算数問題-1

AとBは合わせて110円、AはBより100円高い。 さてBの値段は? 答え 5円  解き方

記事を読む

no image

一年の計は元旦にありとセットの言葉

一年の計は元旦にあり。  この言葉は多くの人が知っていると思いますが、実はこの言葉には対に

記事を読む

発想を鍛える大人の脳を活性化するためのパズルやクイズ

発想を鍛えるためには、パズル有効だと言われています。   理由としてはすぐに解決策を見

記事を読む

PQテストなどの論理テストで頭を柔らかくする-2

PQテストをこなすことによって知恵を育てる能力を伸ばして実生活に役立てましょう。 知能や社会性を論理

記事を読む

no image

脳を鍛える算数問題-3

一泊1000円の宿に3人で泊まった。 女将が合計3000円の宿泊費を500円まけてくれた。 

記事を読む

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題をこれから紹介します。     難し

記事を読む

no image

とんち?の聞いたなぞなぞ問題

世界一ルックスが悪いと噂の女性がいました。 おまけに性格も悪い。 しかし彼女に「結婚してく

記事を読む

no image

心理クイズ 

とても長い、1本のパスタがあります。 1本食べきるのに、あなたはどれぐらいの時間がかかると思いますか

記事を読む

医学博士の脳トレは食事運動そして生活のメリハリ

”なないろチャレンジ”に(株)脳の学校代表取締役 医師医学博士が出演。   1万人以上

記事を読む

とんちの効いたクイズは大人でも難しい?

 A・B・C・D・Eの5人による総当りじゃんけん大会をしました。 Aは四戦全勝B

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑