*

認知症予防に最適な運動コクニサイズとは

公開日: : 最終更新日:2016/09/14 脳トレ 活性化方法 ,

認知症予防への対策を国立長寿医療研究センターが開発しているそうです。

それは運動と頭の対策を組み合わせること。

SPONSORED LINK

ステップやウオーキングなどの軽い運動と、計算やしりとりなどの「認知課題」を同時に行い、認知機能の向上を目指す。

 

これが国立長寿医療研究センターが開発した「コグニサイズ」の仕組み。

 

具体的にどんなことをするのかというと、「しりとり」や「計算」をしながらウオーキングする、という具合に
ただ運動するだけではなく、頭を使う動作も組み込むこと。

 

 

ポイントは短時間でいいので毎日実施し、習慣にすること。

 

 

厚生労働省が2012年3月に改訂した介護予防マニュアルにおいても

 

「現時点では継続的なウォーキングやゲーム要素を取り入れた運動のみがランダム化試験(RCT)という科学的根拠により認知機能低下を予防する可能性が報告されている」

 

と報告しているが、ポイントはゲーム要素と継続的な運動という点。

 

 

このポイントを網羅したのが、「コグニサイズ」というわけ。

 

 

認知症対策の基本は運動と頭をつかうこと、これは新しい発見でもなんでもなく、ネットで検索すれば
すぐにでてくるワード。

 

しかし、最も肝心なのはそれを日常化させること。

 

 

コグニサイズはその一つの解をしめしたものだが、国立長寿医療研究センターはコグニサイズの詳細をPDFにまとめている。

 

PDFには

・認知症になりやすい人の特徴
・適正な強度で運動する方法
・各種コグニサイズ

をまとめているので読む価値は十二分にある。

 

コグニサイズPDFをダウンロードする

 

※PDFが表示されたらマウスを右クリックして
名前を付けて保存を選んで自分のPCに保存してください。

SPONSORED LINK

関連記事

脳はストレスをかけると活性化する でもそれどのくらいかければいいの?

 脳はストレスをかけると活性化する。 その理由は前回の記事に書いた可塑性と関係し

記事を読む

脳トレではなく脳を強化してなりたい自分になる-1

脳トレは衰えた機能を回復させる、もしくは鍛え直すという高齢者向けの運動や計算などを思い浮かべるかもし

記事を読む

子供は褒めるべきか叱るべきか?憶力がアップするのはどっち

子供は褒めるべきか叱るべきか?憶力がアップするのはどっちか?結論から言えば褒めるですが、ポイントは”

記事を読む

脳を活性化させる様々な方法、ゲーム・ストレッチなどなど

脳を活性化させる様々な方法として各種メディアに紹介された様々な方法をまとめました。  

記事を読む

脳を活性化させるたった1つの方法

あなたがやる気がでない、集中力が続かない、モチベーションが上がらない、物事が覚えられない、おもいだせ

記事を読む

マインドフルネスのやり方で集中力をつけるための3つの要点

マインドフルネスの創始者であるジョン・カバット・ジン氏の著作を読んでマインドフルネスについて勉強中し

記事を読む

悲しい曲を聞くことで癒やしや落ち着きを与えてくれる

悲しい曲を聞くことは失恋の痛みを癒やすときだけではなく、日常的に聞くことで癒やしだけでなく、気持ちを

記事を読む

no image

視点を変えて脳を活性化

今回紹介するのはだまし絵と言われるものです。 動画で紹介される画像にはぱっと見ですぐに理解できる画像

記事を読む

no image

ある、なしクイズで脳を活性化

ある、なしクイズ第二弾です。 あるの語群にはある共通したものが存在し、ないものにはありません。 ある

記事を読む

有酸素運動と脳トレどちらが脳に効果があるのか?

有酸素運動をすることで脳が鍛えられることは有名ですが、この本が出版されたことが大きいと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑