*

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

公開日: : 息抜きコンテンツ, 脳トレ-算数

   

 

「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレンジしていた問題で、紙や布などをある寸法にあわせて切る「裁つ」から産まれたと言われる問題です。

 

今回の裁ち合わせは横と縦の長さが1メートルと2メートルの長方形を適当に切って並び替えて正方形を作るにはどうしたら良いのかという問題。

 

 

ヒントは正方形の特徴を考えて切り離すこと。

 

 

SPONSORED LINK

 

正方形 対角線の性質が鍵

 

この問題を解くためには正方形がもっている特性を利用しましょう。

 

正方形がもつ特性とは

 

 

正方形の縦と横の比は1:1

正方形の一辺と対角線の比は1:√(ルート)2

 

 

まずは正方形を回転させてこの形をイメージしましょう。

 

 

 

この正方形を問題文の1M×2Mの長方形からつくるためには

 

一辺の長さが√(ルート)2の正方形が出来上がらなければいけません。

 

 

実際にどのように裁断しくっつければ出来上がるのかというと

 

 

このように裁断して

 

 

 

切り抜いた三角形を残ったグレーの図形にくっつければ正方形の出来上がり。

 

(図はあえて途中を載せてあります。残った三角形をグレーの図形の下に付ければ完成ですね)

 

今回は4つに裁断する方法を正解として紹介しましたが、3つに裁断してくっつけて作る方法もあるので是非考えてみてください。

 

 

個人的には3つに裁断してほうが簡単に思えるんですが・・・、気が向いたら正解の図も紹介するかも。

SPONSORED LINK

関連記事

大人のための算数問題.3

鶴亀算 90分録音できる音楽テープに、曲の長さが3分20秒の曲と4分30秒の曲を合わせて2

記事を読む

20代30代の男性ファッションで女子に理解されないアイテム

20代や30代の男性ファッションにおいて、女子に理解されない、下手をするとダサいとすら思われてしまう

記事を読む

大人の算数クイズ.3

A、B2つの電球がある。  スイッチを入れると電球は同時につき、Aの電球は2秒間

記事を読む

才能が限界を決める?練習は無駄なのか

米ミシガン州立大学の心理学教授ザック・ハンブリック氏の研究によると、チェスなどのゲームや楽器の分野に

記事を読む

金沢のB級グルメといえば金沢カレー!食べるべきお店はここ

北陸新幹線の開通で俄然盛り上がる金沢や富山。 多くの人が金沢に観光目的で行くことを検討して

記事を読む

no image

最強の脳トレはラブレター??

脳トレといえば、数字を計算したり ゲームに代表される脳の瞬発力を必要とするものだったり様々ですが、も

記事を読む

見込み客を顧客へと導く7つの方法

  見込み客を顧客に変えるためには見込み客の気持ちをあなたが理解し、あなたのビジネスから

記事を読む

首がこってしまった時の対処法”揉む”は間違い

仕事で長時間パソコンを使用している、スマホを使って長時間うつむき加減、長時間の勉強などによって生じる

記事を読む

IQが高い人は勉強が苦手?何が得意なのか

IQが高い人は勉強が苦手?何が得意なのか?結局IQが高い人にはどんな傾向があるのかを調べてみました。

記事を読む

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題をこれから紹介します。     難し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

ゼロベース思考のやり方 コツは”考える”ことについて考えること

0ベース思考を知っていますか?ベストセラーになった本のタイトルです。

ブレインストーミング法の注意事項「数出し」にこだわらない

量が質を産むためには、一つ一つのアイデアに批判を加えず判断をせず、とに

→もっと見る

PAGE TOP ↑