*

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

公開日: : 息抜きコンテンツ, 脳トレ-算数

   

 

「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレンジしていた問題で、紙や布などをある寸法にあわせて切る「裁つ」から産まれたと言われる問題です。

 

今回の裁ち合わせは横と縦の長さが1メートルと2メートルの長方形を適当に切って並び替えて正方形を作るにはどうしたら良いのかという問題。

 

 

ヒントは正方形の特徴を考えて切り離すこと。

 

 

SPONSORED LINK

 

正方形 対角線の性質が鍵

 

この問題を解くためには正方形がもっている特性を利用しましょう。

 

正方形がもつ特性とは

 

 

正方形の縦と横の比は1:1

正方形の一辺と対角線の比は1:√(ルート)2

 

 

まずは正方形を回転させてこの形をイメージしましょう。

 

 

 

この正方形を問題文の1M×2Mの長方形からつくるためには

 

一辺の長さが√(ルート)2の正方形が出来上がらなければいけません。

 

 

実際にどのように裁断しくっつければ出来上がるのかというと

 

 

このように裁断して

 

 

 

切り抜いた三角形を残ったグレーの図形にくっつければ正方形の出来上がり。

 

(図はあえて途中を載せてあります。残った三角形をグレーの図形の下に付ければ完成ですね)

 

今回は4つに裁断する方法を正解として紹介しましたが、3つに裁断してくっつけて作る方法もあるので是非考えてみてください。

 

 

個人的には3つに裁断してほうが簡単に思えるんですが・・・、気が向いたら正解の図も紹介するかも。

SPONSORED LINK

関連記事

no image

論理クイズ 算数と数学の違い

論理クイズで算数の問題に行く前にちょっと考えてほしいのですが、なぜ中学では算数が数学に変わるのでしょ

記事を読む

大人のための算数問題.1

文章問題の算数を紹介しますが、ならべく方程式を使わずに数量関係をしっかりと把握したうえで回答が出せる

記事を読む

脳はストレスをかけると活性化する でもそれどのくらいかければいいの?

 脳はストレスをかけると活性化する。 その理由は前回の記事に書いた可塑性と関係し

記事を読む

見込み客を顧客へと導く7つの方法

  見込み客を顧客に変えるためには見込み客の気持ちをあなたが理解し、あなたのビジネスから

記事を読む

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題をこれから紹介します。     難し

記事を読む

90%の高校生が間違えたサイコロの問題

「サイコロをふって6が出たとき次も6が出る確率は   1,高くなる 2.低く

記事を読む

no image

イリュージョン錯視動画10個の謎を見破れ

当サイトでは定期的に取り上げている錯視。  これは脳が本来あるはずのないものを勝

記事を読む

論理パズル!ナイトと嘘つきの島

ある島には常に本当の事をいうナイトと、ウソしかつかない悪人が住んでいます。   あなた

記事を読む

ありふれた文章に潜む論理的な間違い

  書類は朝の9時までに必ずだしてください。   こんな文章を見かけたこと

記事を読む

元日と元旦の違いなど微妙な言葉の違い集

元旦と元日、この2つの言葉には明確な違いがあるので間違って使うと結構痛いです。 例えば「1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

ゼロベース思考のやり方 コツは”考える”ことについて考えること

0ベース思考を知っていますか?ベストセラーになった本のタイトルです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑