*

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

公開日: : 息抜きコンテンツ, 脳トレ-算数

   

 

「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレンジしていた問題で、紙や布などをある寸法にあわせて切る「裁つ」から産まれたと言われる問題です。

 

今回の裁ち合わせは横と縦の長さが1メートルと2メートルの長方形を適当に切って並び替えて正方形を作るにはどうしたら良いのかという問題。

 

 

ヒントは正方形の特徴を考えて切り離すこと。

 

 

SPONSORED LINK

 

正方形 対角線の性質が鍵

 

この問題を解くためには正方形がもっている特性を利用しましょう。

 

正方形がもつ特性とは

 

 

正方形の縦と横の比は1:1

正方形の一辺と対角線の比は1:√(ルート)2

 

 

まずは正方形を回転させてこの形をイメージしましょう。

 

 

 

この正方形を問題文の1M×2Mの長方形からつくるためには

 

一辺の長さが√(ルート)2の正方形が出来上がらなければいけません。

 

 

実際にどのように裁断しくっつければ出来上がるのかというと

 

 

このように裁断して

 

 

 

切り抜いた三角形を残ったグレーの図形にくっつければ正方形の出来上がり。

 

(図はあえて途中を載せてあります。残った三角形をグレーの図形の下に付ければ完成ですね)

 

今回は4つに裁断する方法を正解として紹介しましたが、3つに裁断してくっつけて作る方法もあるので是非考えてみてください。

 

 

個人的には3つに裁断してほうが簡単に思えるんですが・・・、気が向いたら正解の図も紹介するかも。

SPONSORED LINK

関連記事

ありふれた文章に潜む論理的な間違い

  書類は朝の9時までに必ずだしてください。   こんな文章を見かけたこと

記事を読む

新生活をニトリで始めるのにおすすめアイテムと注意点

ヒルナンデスにてニトリで新生活を始める人におすすめのアイテムをニトリ広報の方が定番ものと穴場商品を紹

記事を読む

見込み客を顧客へと導く7つの方法

  見込み客を顧客に変えるためには見込み客の気持ちをあなたが理解し、あなたのビジネスから

記事を読む

偉大なシェフと失敗したレストランのシェフの話

  グランドシェフが急に金曜日の夜に厨房から去ってしまった。  

記事を読む

あなたは”独り”じゃないというタイトルが響く理由

海外のマーケティング関連のブログを読んでいて面白い記事をみつけました。   以下は引用

記事を読む

脳トレではなく脳を強化してなりたい自分になる-1

脳トレは衰えた機能を回復させる、もしくは鍛え直すという高齢者向けの運動や計算などを思い浮かべるかもし

記事を読む

しめしめの語源や小賢しい意味や類語など気になった言葉

「しめしめ」「小賢しい」という言葉を実際に使ったことがある人います??僕は思い返す限りないです。

記事を読む

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題をこれから紹介します。     難し

記事を読む

漢字の覚え方はたった1箇所を覚えるだけのつがわ式が案外いい

○○式は本当に効果があるのかを検証するテレビ番組で取り上げられていた元塾講師の津川博義さんの記憶術が

記事を読む

大人の算数クイズ.3

A、B2つの電球がある。  スイッチを入れると電球は同時につき、Aの電球は2秒間

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑