*

IQが高い人の特徴

公開日: : 最終更新日:2016/08/25 脳関連のコラム

どのくらいのIQがあればいわゆる天才なのか?IQが高そうだなと思える人の特徴を紹介します。

SPONSORED LINK

まずは前提、IQの数字別による目安です。

 

IQ110前後:一般的な高学歴ホワイトカラー
IQ120以上:大学教授やオタクなどに多い
IQ140以上:天才 見た目も変人な場合がある

 

一般的にはIQが20以上離れると会話が成立しなく成ると言われていますが、IQ120というのが一般生活を送れるボーダーラインといえるのかもしれません。

 

実生活におけるIQの高そうな人の特徴

 

IQが高い=実生活における優秀な人間ではない

 

 

ということは、共通しているような感じです。

 

たとえば、IQ=180だが偏差値40-45くらいの落ちこぼれ
暗記するだけで解ける問題とかができない

 

 

などIQと勉強に関してはどこまで関連しているのかは不明です。

 

ネットにはIQ160の人が自身の特徴を書いていましたが

 

・重度の臆病(恐怖症持ち)
・重度の潔癖
・重度の神経質
・感情の触れ幅が激しい(一般人は±50が、異常者は±100)
・日々の細かい変化に気付きやすい
・字が下手
・命題から結論までの過程を飛ばして答えを出す
・絵や音楽といった、抽象的な表現力に富む(メンヘラはカラオケ上手い奴が多い)
・進学校に入っても、ノートを取らずに無勉で80点は取れてしまう(一度聞いた事を忘れない)
・過去の記憶が鮮明で、空気の匂いや、昔の音楽でフラッシュバックが起きる
・爪を噛む癖がある
・球技や格闘技のような、動体視力などをの一瞬の感覚を要する競技が得意
・友達が出来ない

 

という特徴が自分にあったそうです。

 

 

これだけ自分の特徴を冷静に分析できる時点でIQ高そうだなとは思いますけどね。

 

 

IQが高すぎる場合には、何らかの障害というか偏りのようなものがある場合があり、周囲の理解が必要な場合があるようです。

SPONSORED LINK

関連記事

no image

友達のいない人の特徴は八方美人?

ぼっちという言葉を最近はどこでも聞くようになりましたし、お一人様という表現で一人◯◯ができるように店

記事を読む

自分に合った脳の使い方を学んで成功に近づく

自分に合った脳の使い方という本を読んで学べたことをシェアします。   この本は脳科学の知見をコン

記事を読む

有酸素運動と脳トレどちらが脳に効果があるのか?

有酸素運動をすることで脳が鍛えられることは有名ですが、この本が出版されたことが大きいと思います。

記事を読む

【デマに注意】第一子はIQ高いは根拠なしと判明

【デマに注意】まるで都市伝説かのように第一子はIQが高いと言われてきましたが、実はこれ、まったく根拠

記事を読む

徒競走が苦手な子供に朗報!脳科学で分析した極意

運動会シーズンですね。 かけっこが苦手で憂鬱な子供さんに朗報です、 脳科学者が分析した徒競走の秘訣

記事を読む

no image

IQが高い芸能人

IQが高い人と言われて思い浮かぶのはアインシュタインなどの天才達でしょう。  実際にIQが

記事を読む

男女の脳の違い

男女の脳には構造的な違いがあると言われています。 どちらが優れているとか劣っているという話ではなく、

記事を読む

異性の気持ちを確かめるため脳科学が推奨するあることとは

  自分が行為を持っている異性の気持ちを確かめるために、ちょっとしたヒント。 &n

記事を読む

「脳が認める勉強法」を学んで記憶する力を高める

この記事では本の内容をざっくりと紹介し、記憶力について考えてみたいと思います。   &

記事を読む

マルチタスクは人間の脳には有害!?IQ低下、集中力低下

マルチタスクは人間の脳には有害なのかもしれません。同時に複数の作業をこなせるほうが能力が高いようなき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑