*

脳が老化しているかもしれない14のサイン

公開日: : 最終更新日:2016/08/25 脳関連のコラム

海外サイト「BuzzFeed」に掲載されていた「脳のプチ老化のサイン」。

対処法も合わせて紹介します。

 

SPONSORED LINK

以下のサインが日常生活の中で感じることがあるかどうかをチェックしてください。

01. カードを忘れる、また作るを繰り返す
02. 会話の途中で、何を言いたかったのかを忘れる。
03. 友人の名前をすぐに思い出せない。
04. シャンプーをしたかを忘れ2度洗う
05. 電車のドアに持ち物や服をはさんだことが何度もある
06. 夢と現実の区別がつかないことがよくある
07. 友人と似た苗字の上司に、友人宛てのメールを誤爆する。
08. その日の予定を何度も確かめたのに忘れる。
09. 会社帰りにスーパーで買い物にする予定を忘れて家に帰る。
10. 友人の登録名を見間違えて、違う人に電話をしてしまう。
11. 人間違いをし、見ず知らずの人に声をかけてしまう。
12. 目覚まし時計のスヌーズを押せずに、目覚ましを切ってしまう。
13. 無意識のうちに炭酸飲料のボトルを振ってから開けてしまう。
14. メガネをかけているのに、メガネを探してしまう。

 

脳の老化を防ぐ方法は

上記の脳の老化減少に関してですが関連性が明確にはされていないものの、タスクの多くを携帯やPCやに保存したりメモリーしたりすることに依存しているのは危険です。

 

脳は年齢がいつくになっても成長するそうですから、脳を鍛えることはどんな年齢からでも可能です。

 

脳を鍛える最も有効な方法の一つは、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だそうです。

 

ちょっとがっかりした人もいるかもしれませんが、手前の駅でおりてひと駅分を歩くのが一番簡単にできることなので、ちょっとした時間をみつけて運動をすることを頭に入れておいてくださいね。

SPONSORED LINK

関連記事

認知症を予防するご当地体操や運動など「みんなの家庭医学」まとめ

認知症を予防するご当地体操や運動などを紹介したテレビ番組「みんなの家庭医学」まとめ。  

記事を読む

自発的な子供を成長させるために必要な親の態度

自発的な子供に成長させたい、子供が早く自分のことを自分でできるようにしたい!!  

記事を読む

「脳が認める勉強法」を学んで記憶する力を高める

この記事では本の内容をざっくりと紹介し、記憶力について考えてみたいと思います。   &

記事を読む

ネットやSNSは脳の発達に悪影響はない

インターネットやSNSの利用による脳への影響や、SNSによる人間関係構築への否定的な意見など、テクノ

記事を読む

有酸素運動と脳トレどちらが脳に効果があるのか?

有酸素運動をすることで脳が鍛えられることは有名ですが、この本が出版されたことが大きいと思います。

記事を読む

no image

左脳は論理、右脳は創造これ間違いだって

「左脳は計算、右脳はクリエイティブに使われる」、言い換えれば左脳は論理、右脳は創造ということになるの

記事を読む

マルチタスクは人間の脳には有害!?IQ低下、集中力低下

マルチタスクは人間の脳には有害なのかもしれません。同時に複数の作業をこなせるほうが能力が高いようなき

記事を読む

異性の気持ちを確かめるため脳科学が推奨するあることとは

  自分が行為を持っている異性の気持ちを確かめるために、ちょっとしたヒント。 &n

記事を読む

疲れとストレスは違う

体の疲れを取ることとストレスを解消することは全く違います。 まずストレス解消法と体のつかれを取

記事を読む

反復を繰り返して一つのことだけを学習し続けるのは効率が悪い

勉強に限らず、スポーツや楽器や新しい概念など何かを学習しようとする時、ひたすら一つのことに集中して反

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑