*

ビタミンDと脳の体積、読書脳、性格は変えられる

公開日: : 最終更新日:2016/09/19 脳関連のコラム

ビタミンDと脳の体積、読書によって脳を鍛える方法、性格は変えられるのかといった脳関連の記事をまとめて紹介します。

 

 

brai044_640

 

ビタミンDは脳の体積と関係があるのか

ビタミンDはこれまで研究で認知能力に影響を与える。

 

可能性があるとされていたものの決定的な論文は存在しなかった。

 

年を取ると脳の体積が減ることと、認知能力は相関関係にあるとされているが、ビタミンDの血中濃度と脳の体積の関連性をしらべて実験によると

 

脳の灰白質の体積は、血中ビタミンD濃度が高いほど大きかった。さらに、血糖値が低いほど大きかった。

 

https://www.mededge.jp/a/psyc/18167

 

しかし、この研究でも脳全体の体積とビタミンDの濃度の関係はまだわかっていないそう。

 

むやみにビタミンDが脳に良いと結論づけるのはまだ早いようです。

 

東大の教授が勧める読書で脳を作る方法

read0_640

言語脳科学を研究者によると、脳の発達を考えると読書には以下の3点の意味がある

 

1)言葉の意味を補う「想像力」が鍛えられる
2)「自分の言葉で考える力」が身に付く
3)読んで味わった経験を脳に刻むことができる

http://benesse.jp/news/kosodate/join/20150825080045.html

 

さてこの3つの項目で一番重要なのはなんだと思いますか?

 

それは圧倒的に1番だと個人的には思います。

 

例えば「バカ」と小説の中で会話にでてきたとして、この「バカ」は本当に相手をバカにするために言った言葉なのか、それとも笑顔でバカといったのかによって受けての印象は変わるはずです。

 

文章で笑顔でバカといったと書かれていなくても前後の文脈から、そうとしか考えられない状況かどうかを把握するためには会話をしている人物の人間関係や性格を文脈の中から拾って、頭のなかで人物像を想像するしかありません。

 

 

ただ、本を読ませるだけでなく大人も同じ本を読み、子供が文章を読んで想像をふくらませるように
的確に質問をしてあげると効果的かもしれません。

 

 

好奇心や向上心が脳に刺激を与えることは脳科学では証明されているので、文章を読み、読んだ内容から想像することを楽しむという行為を定着させられるようにできれば子供の脳はより向上するのかもしれません。

 

性格は変えられるとしたらどう思いますか?

ma640

 

脳科学では7つもその方法がしめされているそうですよ。

 

1.既存の性格に新しい性格を付け足す

2.趣味をみつける

3.なりたい自分をイメージする

4.自分は◯◯型ときめつけない

5.理想の自分の行動をトレースして動き出す

6.ゆるいポジティブシンキング

7.性格を時間をかけて変える覚悟

 

参考(http://tabizine.jp/2015/08/26/45096/)

 

一番簡単というか、できそうなのは趣味を見つけることでしょうか?

他の項目は個人的にはしっくりきませんでした。

 

思考を変えるためには、何かきっかけが必要な気がするからですが、性格を変えたいとまで悩むひとがある日ポジティブになれるでしょうか?

 

7つの項目に共通していることは、いつもと違うことをしてみようということです。

 

我々人間は構造上、いつもと同じ行動を取りたがる仕組みを持っていますので、その仕組を変えるためにはいつもと違う行動が必要です。

 

大きく変える必要はないので、先ずは小さく変えてみてはいかがでしょうか?

 

個人的に有効だなと思ったのは意識していなが、毎日やっていることを辞めるということです。

 

 

たとえば食事のときにテレビやスマホを見ているのなら、それをやめてみればもっと時間が作れるかもしれません。

 

寝る前に必ずゲームやネットをしている人はその時間を、別の時間にしてみることで朝早く起きることができるかもしれません。

 

 

お風呂に入る時間や、食事の時間を変えてみる。

よる寝る時間をほんの少し早くして、朝ほんの少しだけ早く置きてみる。

いつもと違う道で通勤する。

 

日常生活の中で今すぐ変えることのできる習慣は意外にたくさんありそうです。

SPONSORED LINK

関連記事

no image

脳が老化しているかもしれない14のサイン

海外サイト「BuzzFeed」に掲載されていた「脳のプチ老化のサイン」。 対処法も合わせて紹介します

記事を読む

マルチタスクは人間の脳には有害!?IQ低下、集中力低下

マルチタスクは人間の脳には有害なのかもしれません。同時に複数の作業をこなせるほうが能力が高いようなき

記事を読む

顔の印象が人の印象を決定することが科学的に証明?!

顔の印象,いわゆる第一印象が他人の印象を決定することが 科学的に証明?!されたかもしれない。 さら

記事を読む

ネットやSNSは脳の発達に悪影響はない

インターネットやSNSの利用による脳への影響や、SNSによる人間関係構築への否定的な意見など、テクノ

記事を読む

認知症を予防するご当地体操や運動など「みんなの家庭医学」まとめ

認知症を予防するご当地体操や運動などを紹介したテレビ番組「みんなの家庭医学」まとめ。  

記事を読む

ゼロベース思考のやり方 コツは”考える”ことについて考えること

0ベース思考を知っていますか?ベストセラーになった本のタイトルです。   0ベース思考

記事を読む

バランスを鍛えると「頭と体」のバランスも最適化されるのか

バランス能力とは静止または動的動作における姿勢維持の能力です。     こ

記事を読む

脳トレではなく脳を強化してなりたい自分になる-2

脳を成長させる根本的なエネルギーとは何か?  好きなこと?脳トレのような計算・ク

記事を読む

自分に合った脳の使い方を学んで成功に近づく

自分に合った脳の使い方という本を読んで学べたことをシェアします。   この本は脳科学の知見をコン

記事を読む

男女の脳の違い

男女の脳には構造的な違いがあると言われています。 どちらが優れているとか劣っているという話ではなく、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑