*

ポリフェーノールの効果は嘘なのか?健康効果に疑問

公開日: : 最終更新日:2017/07/07 脳が活性化する食事 , ,

SPONSORED LINK

 

赤ワインやチョコレートに含まれている「ポリフェノール」といえば多くの人に知られている健康効果のある成分とされてきました。

 

しかし、赤ワインに豊富に含まれている抗酸化物質でありポリフェノールの一種である「レスベラトロール」には人を長生きさせる効果があると言われて話題になったことがあるのですが、そのような効果は見受けられなかったと米国の研究機関が発表しました。

 

SPONSORED LINK

米ジョンズホプキンス大学医学部(Johns Hopkins University School of Medicine)のリチャード・センバ(Richard Semba)氏率いる研究チームは、「欧米式の食事に含まれるレスベラトロールには、炎症、心臓血管疾患、がん、寿命などへの実質的な効果を持たないことが示された」という。

 

 

ポリフェノールとか抗酸化作用が健康にいいとうたった数多くのサプリや研究結果はなんだったのかという気持ちになりますが、科学には反対意見がでることは健全なことです。

 

特別な長寿効果があると言われていたレスベラトロールの効果がないという研究結果であり、

 

ワインに限らず植物に含まれている抗酸化作用には効果があるという研究結果ではないので、抗酸化作用自体が否定されたわけではないという点は注意が必要だと思います。

 

 

ワインは健康のために飲むというよりも、好きで飲んでいたものが適量なら健康に問題がない、という程度に考えておいたほうがよさそうです。

 

 

ポリフェノールはコーヒーにも含まれていますし、ワイン以外からも摂取できます。

SPONSORED LINK

関連記事

集中力を高める食品で注目すべき”出汁”の効果を簡単に得る方法

集中力や記憶力を高めるだけでなく、様々な栄養素がふくまれていることで最近注目されている”だし”。

記事を読む

疲れたから甘いものを食べるそれがやる気出ない原因かも

疲れた時に甘いものを食べる、これ自体に問題があるわけではありません。 過剰に砂糖を摂取する

記事を読む

寝る前の食事は記憶定着に障害!夜食に摂ってはいけない食品とは

もうすぐ2月、受験を控える受験生にとっては追い込みとして、夜中まで試験勉強をしているかもしれない。

記事を読む

記憶力が低下する習慣で最も危険な習慣は何か

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校によると若者であってももの忘れがどんどんとひどくなるNGな習慣、生

記事を読む

子供の朝食にパンは脳の発達を遅らせる可能性?

先日、ある保育園から「朝食に菓子パンだけで済ませずに、しっかりと朝食を摂らせるように」という指導がき

記事を読む

コーヒーは朝飲んではいけない・・・の?

毎朝出勤前に沢山の方がコンビニやコーヒーショップでコーヒーを買っています しかし「朝 8 ~ 9

記事を読む

脳にコーヒーはよい影響をあたえるのか?なぜコーヒーがいま熱いのか

コーヒーを飲むと胃が荒れるとか、健康に悪いという情報はすでに過去のものです。 コーヒーが持

記事を読む

コーヒーの口臭対策はシンプルに水を飲め

コーヒーのカフェインには短時間ですが覚醒効果があるため、日頃から愛飲している方も多いはず。 &nb

記事を読む

no image

集中力をキレさせないドリンク

集中力が切れる時間帯といえば、ランチタイム後の14時~16時です。  一度ゆるんでしまった

記事を読む

肥満と記憶力には負の相関がありそう

肥満と記憶力には負の相関がありそうだ、英ケンブリッジ大学チームの発表が心理学誌「QJEP」に掲載され

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑