*

脳にいいDHA、EPAにさらなる効果追加

公開日: : 最終更新日:2016/08/31 脳が活性化する食事

脳にいいといわれ、摂取をかならずおすすめされる「DHA」、「EPA。」

さらなる効果が追加されたことが厚生労働省の調査で判明。

SPONSORED LINK

ドコサヘキサエン酸(DHA)は主に魚介類に含まれる不飽和脂肪酸と呼ばれるものですが、このDHAは脳卒中や心臓病など循環器系疾患のリスクを2割低減することが判明。

 

この研究結果は、厚生労働省の研究班が24年間にわたる追跡調査で突き止めた。

 

調査対象は、30歳以上の男女9190人を調査し、食事内容や病歴について昭和55年から平成16年まで24年間かけて追跡しているかなり大規模な調査ということです。

 

不飽和脂肪酸を最も多く摂取したグループ(サンマ1匹分に相当する1・7グラム)最も少なかったグループ(4分の1匹分の0・4グラム)を比べると循環器系疾患で死亡するリスクが20%低かった。

 

この調査結果からどんな答えが導けるのかというと、それは「サンマ1匹分を毎日食べ続ける」です。

 

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

寝る前の食事は記憶定着に障害!夜食に摂ってはいけない食品とは

もうすぐ2月、受験を控える受験生にとっては追い込みとして、夜中まで試験勉強をしているかもしれない。

記事を読む

白湯の健康効果は正しい作り方次第?注意点は

厚生労働省が昨年から展開しているのはその名の通り「健康のために水を飲もう」運動。  

記事を読む

【解決スイッチ】 オイルをたくさん取れるレシピと脳への効果

【解決スイッチ】にて放送された内容を中心に紹介します。 慶應義塾大学の井上浩義教授によるオ

記事を読む

子供の朝食にパンは脳の発達を遅らせる可能性?

先日、ある保育園から「朝食に菓子パンだけで済ませずに、しっかりと朝食を摂らせるように」という指導がき

記事を読む

ポリフェーノールの効果は嘘なのか?健康効果に疑問

  赤ワインやチョコレートに含まれている「ポリフェノール」といえば多くの人に知られて

記事を読む

肥満と記憶力には負の相関がありそう

肥満と記憶力には負の相関がありそうだ、英ケンブリッジ大学チームの発表が心理学誌「QJEP」に掲載され

記事を読む

コーヒーは朝飲んではいけない・・・の?

毎朝出勤前に沢山の方がコンビニやコーヒーショップでコーヒーを買っています しかし「朝 8 ~ 9

記事を読む

舌の筋肉低下がまねく深刻な筋力低下による老化

・近くの文字が読みづらい・物忘れが多くなった・ちょっとした段差でつまずく これらはすべて老化現象で

記事を読む

記憶力が低下する習慣で最も危険な習慣は何か

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校によると若者であってももの忘れがどんどんとひどくなるNGな習慣、生

記事を読む

医学博士の脳トレは食事運動そして生活のメリハリ

”なないろチャレンジ”に(株)脳の学校代表取締役 医師医学博士が出演。   1万人以上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑