*

潜在知力(PQ)を鍛える

公開日: : 最終更新日:2016/09/07 PQテスト

江戸時代から使われていて現在でも飲食店などに飾られている看板において内容をちゃんとしっかりと伝えられる有名な看板があります。

 

飲食店の看板というのが大ヒントです。

 

その看板とは、「春夏冬、二升五合」ですが、なんという意味でしょうか?

 

SPONSORED LINK

答え

 

あきない、ますます、はんしょう(繁盛)

 

 

解説
春夏秋冬から秋がないからあきない(商い)、升が2つでますます、五合は一升の半分なのではんしょう(はんじょう)。

 

というわけです「商いますます繁盛」といういみでした。

SPONSORED LINK

関連記事

PQテスト 問題を解いて人生を生き抜く知恵を身につける

PQテストとは, 局面を打開しアイデアを生み出す人生を生き抜くセンスを問うものであり、IQとは根本的

記事を読む

no image

PQテスト2

ある男がバーに行き、店のマスターにジョッキに入っているビールを5m離れたビンに一滴残らず入れることが

記事を読む

潜在知力(PQ)を鍛える2

大学生の50%が間違えると言われている問題。  この問題を学生に出したのは、プロスペクト理

記事を読む

no image

PQテストで頭を柔らかくする

会社も一緒で夫婦仲もいい夫婦がいます。 出勤時に奥さんはA駅、夫はB駅まで自転車で別々に通勤します。

記事を読む

no image

潜在知力(PQ)を鍛えよう

「May I have a large container of coffe?」  アメリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑