*

トンチのきいたなぞなぞ-大人向け激ムズ問題

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 脳トレ-クイズ ,

「トンチのきいたなぞなぞ」の中から特に大人にとっては難しい問題を紹介します。

 

なぜ難しいのか?というと、論理的な思考よりも発想力が必要だからです。

 

解ける人にはとけるけど解けない人は、もしかすると答えを見てもピンと来ないかもしれない、そんな問題ですので深く考えてもわからない時もあります。

 

cosmetics-360309_640

SPONSORED LINK

 

Q1.

A君は父親と動物園に行きました。

 

3番目にトラを見て、8番目にひつじを見ました。

 

最後に見たのはなんでしょうか?

 

 

 

答え

 

 

 

いのしし

 

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の順番です。

 

 

 

Q2.

「は」から「も」を引くとなにになる?

 

 

答え

 

 

ハーモ=?

 

という式に変換すると

 

ハーモニとも読めるので

 

最も当てはめやすい言葉は「ハーモニー」の「ー」もしくは「ハーモニカ」の「カ」というかなり強引な回答になります。

 

 

 

 

Q3.

 

空欄に入るアルファベットを答えよ

 

□FMAM□□ASOND

 

 

 

答え

 

 

 

J:1月から12月までに英語の頭文字

 

 

 

Q4.

 

江戸時代にある旅人が日本橋から京都を目指していた。

 

ところが彼はある場所で旅をやめてしまったのだが、それは一体どこでしょう?

 

 

答え

 

愛知県(尾張 おわり)

 

 

 

 

Q.5

パソコンのキーボードの一部がこわれてしまい作業ができなくなってしまった。

 

 

キーボードのどの部分がこわれたのであろうか?

 

 

ヒント

さぎょうができなくなりました

 

 

答え

 

Sのキー

 

 

作業ができない、さ行ができない。

SPONSORED LINK

関連記事

脳トレクイズ、チョコが永遠に食べられる?

まずはこちらの動画を御覧ください。 これ板チョコだったら、夢の永久機関の登場??? 答え いうまでも

記事を読む

no image

論理的思考を養うクイズ-2

論理的思考を養うクイズの第2弾。  A君とB君が早飲み競争をします。 A君はどんぶり2杯を

記事を読む

おとなのなぞなぞ「敬語」正しいのどっちだ?

大人なら知っておくべきマナーである敬語。   美しく正しい敬語を使いこなせれば大人とし

記事を読む

no image

クイズで論理思考を鍛える2

ある人が街を歩いていると、スタイル抜群の女性がちょっと先を足早に歩いていました。 &nbs

記事を読む

脳トレではなく脳を強化してなりたい自分になる-1

脳トレは衰えた機能を回復させる、もしくは鍛え直すという高齢者向けの運動や計算などを思い浮かべるかもし

記事を読む

no image

論理的思考を養うクイズ-4

A男君とB郎君が100m走で勝負した。  A男君が先にゴールした時点で、B郎君はゴールの3

記事を読む

鉄板なぞなぞ:子供の頃に流行った懐かしい問題

鉄板なぞなぞとして子供の頃に流行ったか、一度はみんなで考えたり悩んだりした懐かしい問題を紹介します。

記事を読む

no image

実際に学校で出された珍問題

学校の試験といえば、日頃の勉強の成果を発揮する場面。 しかし、中には試験勉強など無駄といわんばかりの

記事を読む

no image

ミステリークイズ

残されたメッセージをもとに事件を解決しましょう。  今回の依頼はいなくなった夫を探すこと。

記事を読む

国の名前を漢字にすると超難しい!?

有名な国はわかりますよね。でもそれってアメリカだったら「米」、イギリスだったら「英」、フランスだった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

ゼロベース思考のやり方 コツは”考える”ことについて考えること

0ベース思考を知っていますか?ベストセラーになった本のタイトルです。

ブレインストーミング法の注意事項「数出し」にこだわらない

量が質を産むためには、一つ一つのアイデアに批判を加えず判断をせず、とに

→もっと見る

PAGE TOP ↑