*

論理パズル!ナイトと嘘つきの島

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 息抜きコンテンツ

SPONSORED LINK

ある島には常に本当の事をいうナイトと、ウソしかつかない悪人が住んでいます。

 

あなたはいまこの島への冒険を開始しました。

 historictworstwo-904716_640

SPONSORED LINK

 

あなたは島の住民を三人紹介されましたが、この内の少なくとも1人はナイトでもう一人は悪人です。

 

さらにこの三人のうち1人は賞金をもっていて、見事持っている人を指摘できればその賞金はあなたのものになります。

 

A「Bは賞金を持っていない」

B「私は賞金をもっていない」

C「私は賞金をもっている」

 

 

 

さて賞金を持っているのは誰か?

 

 

答え

 

Cの発言が真だとすると、この3人の発言はすべて真となってしまうため条件にあわない。

 

Bが賞金をもっているとすると、3人はすべて悪者になってしまうので、これも条件にあわない。

 

賞金をもっているのはAである。

 

AとBがナイトでCは悪人ということになる。

 

coast-83_640

 

 

ある学者がこの島で太郎と次郎に出会った。

 

 

学者は太郎に「二人はともにナイトか?」と質問したのだが、学者は太郎の答えを聞いただけで二人がそれぞれナイトと悪者であることがわかった。

 

 

どちらがナイトでどちらが悪者だろうか?

 

 

答え

 

もし太郎がはい、と答えると考えられる可能性は

 

1ふたりともナイト

2太郎は悪者で、次郎はナイト

3二人はともに悪者

 

の3つの可能性から1つに絞ることができない。

 

 

太郎がいいえと答えた場合、悪者は正しいことを答えられないので太郎はナイトでなければいけない。

 

太郎の答えは正しいのだから、太郎がナイト、次郎が悪者である。

 

学者はそれぞれどちらがナイトで悪者かが分かったので、太郎は質問にいいえとこたえていなければいけないので

 

太郎がナイト

次郎が悪者

 

 

である。

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

首がこってしまった時の対処法”揉む”は間違い

仕事で長時間パソコンを使用している、スマホを使って長時間うつむき加減、長時間の勉強などによって生じる

記事を読む

勉強やスマホPCで悪くなった姿勢を正す簡単運動

チョイス@によると、ストレートネックや姿勢の悪さがきっかけで日常生活を送るのも困難になった人もいるそ

記事を読む

大人の算数クイズ.3

A、B2つの電球がある。  スイッチを入れると電球は同時につき、Aの電球は2秒間

記事を読む

大人のためのクイズ:知っておくべき常識

大人のためのクイズ、知っておくべき常識編です。   今回はクイズ形式ではないですが、意

記事を読む

オリジナルのコンテンツを産むコツは”見つける”こと

ネット上などのオンラインで人びとの興味を引き、自分が伝えたいことを伝えるために90秒しかな

記事を読む

“悩まない”という悩みを脳科学で対処する方法

悩む!ということは誰にでも経験があるはずです。   悩む、ということは可能性があるとい

記事を読む

誰が使ってもモテる言動と下心がバレる言葉や態度とは

一方はもてる男性の特徴的な言葉や態度、そしてもう一方はもてない態度や行動   その違い

記事を読む

【コーヒーブレイク】目の錯覚有名な10個のトリックを解説した動画

この記事は当サイトにたくさんあるクイズや脳トレにつかれた人の休憩のための記事。 超有名な人間の錯視

記事を読む

「なおざり」と「おざなり」の違い

日本語には似たような言葉で、微妙な違いがあるが違いがわからない言葉があります。   今

記事を読む

金沢のB級グルメといえば金沢カレー!食べるべきお店はここ

北陸新幹線の開通で俄然盛り上がる金沢や富山。 多くの人が金沢に観光目的で行くことを検討して

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑