*

最強の脳トレはラブレター??

公開日: : 最終更新日:2016/09/05 息抜きコンテンツ ,

SPONSORED LINK

脳トレといえば、数字を計算したり ゲームに代表される脳の瞬発力を必要とするものだったり様々ですが、もしこの事象が本当だとしたら、 これは本当に脳トレとしては最強かもしれませんね。

SPONSORED LINK

 

その作業とは携帯、PC、スマホの存在により すでに忘れられた存在になりつつある 「ラブレター」を自筆で書くことです。

 

 

「ラブレターを書く際、相手を“好きである”状態がずっと維持されるので、ヤル気や意欲に関わる脳の線条体の活動が高い状態に保たれます。人は年を取るとなかなか意欲が湧きにくく(線条体の活動が上がりにくく)なりますが、恋心を抱くと線条体の活動が高まり、意欲を出しやすくなるのです」

 

この引用からも明らかなように 相手の気持ちを想像しながら書かなければならないラブレターは 脳のワーキングメモリーが鍛えられるというものなんですね。

 

 

脳科学者もボケの防止には恋愛が必要だと某テレビでもよく話していますが この効果は50代の会社人としての先がある程度みえてくる年代に 特に有効だとしています。

 

 

当然その年代の人たちは既婚者が多いでしょうから 恋人だった時のきぶんを思い出すためにも、 改めて恋愛をしていた頃を思い出し、 感謝の手紙などを お互いのパートナーに渡すといいのかもしれませんね。

SPONSORED LINK

関連記事

大人のためのクイズ:知っておくべき常識

大人のためのクイズ、知っておくべき常識編です。   今回はクイズ形式ではないですが、意

記事を読む

反復を繰り返して一つのことだけを学習し続けるのは効率が悪い

勉強に限らず、スポーツや楽器や新しい概念など何かを学習しようとする時、ひたすら一つのことに集中して反

記事を読む

誰が使ってもモテる言動と下心がバレる言葉や態度とは

一方はもてる男性の特徴的な言葉や態度、そしてもう一方はもてない態度や行動   その違い

記事を読む

漢字の覚え方はたった1箇所を覚えるだけのつがわ式が案外いい

○○式は本当に効果があるのかを検証するテレビ番組で取り上げられていた元塾講師の津川博義さんの記憶術が

記事を読む

英語学習のポイント”最初の一歩”はやはり「文法」

英語学習のポイントである何からはじめるのか?僕も英語に力をいれて学習しているときには聴くこと「リーデ

記事を読む

プレッシャーに打ち勝ち本来の実力を出す方法

ピンチの時に活躍する人のことをしばしば僕たちはヒーローと呼ぶ。   スポーツでいえば試

記事を読む

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレンジしていた問題で、紙や布など

記事を読む

勉強やスマホPCで悪くなった姿勢を正す簡単運動

チョイス@によると、ストレートネックや姿勢の悪さがきっかけで日常生活を送るのも困難になった人もいるそ

記事を読む

ありふれた文章に潜む論理的な間違い

  書類は朝の9時までに必ずだしてください。   こんな文章を見かけたこと

記事を読む

「なおざり」と「おざなり」の違い

日本語には似たような言葉で、微妙な違いがあるが違いがわからない言葉があります。   今

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑