*

液状のりを使い切る方法とノリでスーパーボウルを作る方法

公開日: : 息抜きコンテンツ

液状のりを使い切る

スポンジが固まると使い切れない、元に戻すには、スポンジ部分を”水で洗えう”。

 

glu06

40~50度のお湯に10分ほどつけてノリを溶かしてから水で表面を3分ほどこすれば固まったのりが落ちるので乾かせば液状ノリが使えるようになる。

SPONSORED LINK

余った液状ノリでスーパーボールを作る

toyuperball

液状ノリに塩を加えて練るとできる

 

1.プラスチックのコップ底に水性ペンで好みの色を塗る
2.液状ノリを加える
3.そこをこするように寝る
4.食塩水(水200ml、塩50g)
5,1分放置後、1分ゆっくりかき混ぜる

 

すると割りばしに液状ノリが集まってくるので手にとって水気を絞り、キッチンペーパーでさらに水を取る、手で丸める、水を取るを水が出なくなるまで繰り返す(だいたい3回ほど)、一晩乾かすと完成。

子供用の水溶性マニュキュアでも色付けができる。

 

※注意:保管はポリ袋に入れる、乾燥するとはずまなくなる

 

おまけ、:余った重層やクエン酸を使い切る

 

お掃除用にはセスキ炭酸ソーダを使っている人も多く、以前に買った重曹・クエン酸があまりがち。

 

重曹やクエン酸の二つで入浴剤を作ることができる

 

重曹1.3、クエン酸1の割合で混ぜることで最も炭酸がでる。

 

クエン酸と重曹をポリ袋に入れて息を吹き込む※粉を吸い込まないように

 

人間の吐く息の中に入ってる水分を使って粉を固める。

 

袋ごとプリンなどのカップに入れて押し詰めて、30分ほど固めるとオリジナルの入浴剤。

 

香りをつけたい方はアロマや香水を固まった段階でつけたす。

 

粉を吸い込むのをどうしても避けたい場合は、袋に粉をいれた状態で袋からミストを10cmほど離して、2回プッシュして水分を含ませる。

※クエン酸は酸性なので、絶対に塩素系と混ぜてはいけない

SPONSORED LINK

関連記事

ワンピースクイズに答えてクイズ王になる.1

突然ですが、ワンピースに関するクイズを出します。  木村拓哉さんがSMAP×SM

記事を読む

セカオワもハマるゲーム「キャット&チョコレート」で脳トレ

セカオワもハマるゲーム「キャット&チョコレート」とは一体どんなゲームなのか? また、このゲ

記事を読む

勉強やスマホPCで悪くなった姿勢を正す簡単運動

チョイス@によると、ストレートネックや姿勢の悪さがきっかけで日常生活を送るのも困難になった人もいるそ

記事を読む

肩こりは筋膜を剥がして治せ ガッテン流とは

肩こりの新原因をためしてガッテンが明らかにしてくれました。 まったく見向きもされていなかったあ

記事を読む

漢字の覚え方はたった1箇所を覚えるだけのつがわ式が案外いい

○○式は本当に効果があるのかを検証するテレビ番組で取り上げられていた元塾講師の津川博義さんの記憶術が

記事を読む

大人のためのクイズ:知っておくべき常識

大人のためのクイズ、知っておくべき常識編です。   今回はクイズ形式ではないですが、意

記事を読む

動画で錯視を体感する

画像などで見ることが多い錯視ですが 動画でみることによってネタばらしというか、どうやって錯視を作っ

記事を読む

コーヒーの口臭対策はシンプルに水を飲め

コーヒーのカフェインには短時間ですが覚醒効果があるため、日頃から愛飲している方も多いはず。 &nb

記事を読む

no image

正方形が40個以上みつけられますか?

正方形が沢山並んでいる画像の中から 31個見つけたら優秀な人材、 35個は天才、 40個以上はアップ

記事を読む

20代30代の男性ファッションで女子に理解されないアイテム

20代や30代の男性ファッションにおいて、女子に理解されない、下手をするとダサいとすら思われてしまう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

ゼロベース思考をヒントに”考える”ことについて考える

0ベース思考を知っていますか?   ベストセラーになった

アイデア発想の基本ブレインストーミングとは

会社が学校など複数のメンバーが集まって何かを創造しなければいけないとき

脳を活性化させるたった1つの方法

あなたがやる気がでない、集中力が続かない、モチベーションが上がらない、

→もっと見る

PAGE TOP ↑