*

ありふれた文章に潜む論理的な間違い

公開日: : 最終更新日:2016/09/26 息抜きコンテンツ

 

書類は朝の9時までに必ずだしてください。

 

こんな文章を見かけたことはありませんか?

 

この文章そのものに文法的な間違いや論理的な破綻はありませんが、実際にこのような文章を適用されるとかなり困った事態になる可能性がありますが、どこかわかりますか?

 

 

SPONSORED LINK

例題文:書類は朝の9時までに必ずだしてください。

 

問題となるのは「必ず」の位置です。

 

必ずは直後の出してくださいにかかっているので、この文章は会社であれば全社員、住民であれば全住民に書類を必ずだせと言っています。

 

もしその日に書類を出す必要がない人でも出すべきであると強制していることになります。

 

では、以下の2つの文の違いを考えてみましょう

 

1.この書類は就業開始時間(9時)までに必ず提出してください

 

2.この書類は必ず就業開始時間までに提出してください

 

 

1.の文は最初の例題を別のいいかたにしただけで、意味は全く一緒です。

 

 

2.の文は必ずが就業開始前にかかっているので、書類を出す必要があるひとは9時までに出してね、という文章になります。

 

 

さらにこの文章ならば違いがわかりやすいかもしれません。

 

 

・この薬は食事の前に「必ず」飲んでください。

 

・この薬は「必ず」食事の前に飲んでください。

 

 

最初の例文は3食必ず薬を食前に飲むという文章に受け取れますが、次の文章は薬を飲むならば食前にしてくださいという注意で、医師から1日1回飲みなさいという処方をされていた場合は下の文章でなければ論理的に問題があります。

 

 

必ずという言葉も位置によってすべての人に強制するような文章になってしまうので注意が必要です。

SPONSORED LINK

関連記事

アイデア発想の基本ブレインストーミングとは

会社が学校など複数のメンバーが集まって何かを創造しなければいけないときに”ブレスト(ブレインストーミ

記事を読む

似非関西弁はここでバレる!関西人に言ってはいけない言葉

似非関西弁はここでバレる!関西人に言ってはいけない言葉。   関東の人などが関西の人と

記事を読む

才能が限界を決める?練習は無駄なのか

米ミシガン州立大学の心理学教授ザック・ハンブリック氏の研究によると、チェスなどのゲームや楽器の分野に

記事を読む

英語学習のポイント”最初の一歩”はやはり「文法」

英語学習のポイントである何からはじめるのか?僕も英語に力をいれて学習しているときには聴くこと「リーデ

記事を読む

no image

最強の脳トレはラブレター??

脳トレといえば、数字を計算したり ゲームに代表される脳の瞬発力を必要とするものだったり様々ですが、も

記事を読む

動画で錯視を体感する

画像などで見ることが多い錯視ですが 動画でみることによってネタばらしというか、どうやって錯視を作っ

記事を読む

健康に悪い6つの習慣と喫煙の関係

健康に悪い6つの習慣をこれから紹介するのですが、この記事の参考にした元ネタのタイトルは、「喫煙と同じ

記事を読む

誰が使ってもモテる言動と下心がバレる言葉や態度とは

一方はもてる男性の特徴的な言葉や態度、そしてもう一方はもてない態度や行動   その違い

記事を読む

漢字の覚え方はたった1箇所を覚えるだけのつがわ式が案外いい

○○式は本当に効果があるのかを検証するテレビ番組で取り上げられていた元塾講師の津川博義さんの記憶術が

記事を読む

群馬肉消費最下位!病気との関連性や意外なランク最下位なもの

秘密のケンミンSHOWにて群馬がすき焼き県としてアピールするものの県民の肉消費最下位!という衝撃のデ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

ゼロベース思考をヒントに”考える”ことについて考える

0ベース思考を知っていますか?   ベストセラーになった

アイデア発想の基本ブレインストーミングとは

会社が学校など複数のメンバーが集まって何かを創造しなければいけないとき

脳を活性化させるたった1つの方法

あなたがやる気がでない、集中力が続かない、モチベーションが上がらない、

反復を繰り返して一つのことだけを学習し続けるのは効率が悪い

勉強に限らず、スポーツや楽器や新しい概念など何かを学習しようとする時、

→もっと見る

PAGE TOP ↑