*

ブレインストーミング法の注意事項「数出し」にこだわらない

公開日: : 最終更新日:2017/06/29 息抜きコンテンツ

量が質を産むためには、一つ一つのアイデアに批判を加えず判断をせず、とにかくたくさんのアイデアを出す方法だと僕は思っていました。

 

果たしてこの理解でよいのかブレストを開発したオズボーン氏のルールを確認してみました。

 

会社が学校など複数のメンバーが集まって何かを創造しなければいけないときに”ブレスト(ブレインストーミング)”を試したことのある方も多いはず。

 

ポイントは参加者の意見にどんどん乗っかていくこと。

 

数を出すことだけが重要ではありません。

 

SPONSORED LINK

ブレインストーミングで大事なこと

 

 

アメリカの大手広告代理店の副社長であった、アレックス・オズボーンが開発した方法である「ブレインストーミング」のルールはシンプルに分けると4つ。

 

  1. 量をだす
  2. 批判は厳禁
  3. 自由に奔放に
  4. アイデアを改善・結合する

 

大事なのは4番です。

 

他のアイデアにどんどんと乗っかって発想をさらに広げていくこと。

 

自由とは自由な発想だけでなく、他人のアイデアだろうとなんだろうと自由に使ってどんどんと発想を数多く出すことです。

 

記録に残せればよいので紙とペン、会社ならホワイトボードなどがあればできてしまう手軽さがこの方法の良い点かもしれませんね。

 

 

もう一つのアイデア法

 

ブレインストーミング法を開発したオズボーン氏はもう一つアイデアを出すための方法を開発しています。

 

チェックリスト法というのですが、基本的な9つの質問に答えてアイデアを出す方法で、ブレストのような偶発的な発想に期待する方法というよりは、過去の経験から発想を引き出す方法といえるでしょう。

 

  1. 他に利用できるか
  2. アイデアを借りることはできないか
  3. 大きくできるのか
  4. 小さくできないか
  5. 変更することはできるか
  6. 代用することはできるか
  7. 入れ替えはできるか
  8. 反対にする
  9. くっつける

 

これを7つにした「SCAMPER」法というものもあります。

 

発想の基本というよりは考えるさいの基本ですが、問題を小さくするというのは”考える”ということを考えた第一人者のひとりでもあるルネ・デカルトも提唱している基本です。

 

 

問題というのは複雑に様々な要素が絡み合っているので、問題をそのまま解こうと思っても何から手を付けてよいのかわからないことがあります。

 

 

その場合、小さく問題をきりわけて、自分が確実に解ける問題から問いていき、難しい問題に進んでいくという方法をデカルトは提案しています。

 

思考法はたくさんありますが、問題を小さくする、分けるというのは必ずためしてもらいたい発想法です。

SPONSORED LINK

関連記事

「なおざり」と「おざなり」の違い

日本語には似たような言葉で、微妙な違いがあるが違いがわからない言葉があります。   今

記事を読む

難しいなぞなぞ 3分で答えをだしてください

難しいなぞなぞ、というよりも論理クイズです。ひらめきと想像力を使って3分で答えをだしてください。&n

記事を読む

プレッシャーに打ち勝ち本来の実力を出す方法

ピンチの時に活躍する人のことをしばしば僕たちはヒーローと呼ぶ。   スポーツでいえば試

記事を読む

【コーヒーブレイク】目の錯覚有名な10個のトリックを解説した動画

この記事は当サイトにたくさんあるクイズや脳トレにつかれた人の休憩のための記事。 超有名な人間の錯視

記事を読む

首がこってしまった時の対処法”揉む”は間違い

仕事で長時間パソコンを使用している、スマホを使って長時間うつむき加減、長時間の勉強などによって生じる

記事を読む

寝る前の食事は記憶定着に障害!夜食に摂ってはいけない食品とは

もうすぐ2月、受験を控える受験生にとっては追い込みとして、夜中まで試験勉強をしているかもしれない。

記事を読む

論理的な思考「かどうか」「どれくらい」

    「知性を磨くための論理37問」という本を読んでいて、僕もつい使ってし

記事を読む

20代30代の男性ファッションで女子に理解されないアイテム

20代や30代の男性ファッションにおいて、女子に理解されない、下手をするとダサいとすら思われてしまう

記事を読む

ありふれた文章に潜む論理的な間違い

  書類は朝の9時までに必ずだしてください。   こんな文章を見かけたこと

記事を読む

“悩まない”という悩みを脳科学で対処する方法

悩む!ということは誰にでも経験があるはずです。   悩む、ということは可能性があるとい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

ゼロベース思考のやり方 コツは”考える”ことについて考えること

0ベース思考を知っていますか?ベストセラーになった本のタイトルです。

ブレインストーミング法の注意事項「数出し」にこだわらない

量が質を産むためには、一つ一つのアイデアに批判を加えず判断をせず、とに

→もっと見る

PAGE TOP ↑