*

1.5時間睡眠周期に関する新説

公開日: : 最終更新日:2016/09/14 睡眠で脳を活性化 , ,

hours-of-sleep-857957_640

 

睡眠時間といえば1.5時間周期にすることが大事だとよく言われていますよね。

つまり、4.5時間、6.0時間、7.5時間の周期にすることが基本です。

 

実は、この説にも反論があります。

SPONSORED LINK

 

浅い「レム睡眠」と深い「ノンレム睡眠」は1.5時間ずつ繰り返され、レム睡眠のときに起きることで熟睡感が得られるので4.5時間睡眠でも質さえよければ、睡眠時間として十分である。

 

これ一度は聞いたことありませんか?

この説に続くのは、寝る時間を短くすることができればそれだけ自由になる時間が増えるので人生が豊かになりますよってやつです。

 

でもですねよ

 

 

そもそもこの「レム睡眠」と深い「ノンレム睡眠」の周期が1.5時間と決まっているわけがないという反論があるんです。

 

「人間の睡眠周期の平均は100分±30~40分で、明け方になるほどレム睡眠が長くなる。体調や日によっても異なり、睡眠周期から起床時間を決めるのは非常に難しい。
https://dot.asahi.com/wa/2014071100082.html

 

 

この説を唱えたのは厚生労働省が公表した「健康づくりのための睡眠指針2014」に関わる内山真医師。

 

しかも男女間でも差がでるので、一概に1.5時間の周期で起きることが本当に熟睡感につながるというのは難しいと考えているそうです。

 

 

じゃあどうすればいいのかという答えまでは、僕が見た記事では書かれていないのですが、

 

とにかく1.5時間周期に睡眠時間をセットしても目覚めがスッキリする日とどうにも眠い日があるのは普通のことのようです。

 

 

実は参照した記事には「1.5時間睡眠周期怪しい説」よりも個人的には気になる記事があります。

 

それは横になるだけでは体も脳も休まらない、脳を休めるためには睡眠が必要だということがわかったそうです。

 

これ、眠れなくても目をつぶって体を楽にしているだけで、体の疲れは取れるという定説につながっている部分です。

 

これも否定されているのにはちょっとショックを受けました。

 

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

no image

快眠で脳を活性化するコツ

睡眠時間を充分にとることは脳を活性化するためには重要です。 ネットで情報をあつめると、睡眠時間の仕組

記事を読む

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するためには適切な睡眠を取ることはとて

記事を読む

NFL選手が受けるIQテストや寝る子は育つの真実など脳科学ネタ

今回の記事はIQや脳科学にかんする興味深い記事を3つ紹介します。   1.NFL選手採

記事を読む

no image

脳を活性化させる睡眠に最適な時間とは

勉強の効果を最大に高める睡眠の方法を御存知ですか? これがわかれば、テスト前に暗記を詰め込むことも可

記事を読む

寝る前の食事は記憶定着に障害!夜食に摂ってはいけない食品とは

もうすぐ2月、受験を控える受験生にとっては追い込みとして、夜中まで試験勉強をしているかもしれない。

記事を読む

睡眠不足は風邪を引きやすくする

睡眠不足は風邪を引きやすくする。 特にこれからは受験生にとっては追い込みの時期のため無理をしがちだ

記事を読む

ブレインフィットネスにおける運動の効果 やらない理由はない

ブレインフィットネス、日本語にすると馴染み深いのは「脳トレ」でしょうか。 ブレインフィット

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

ゼロベース思考をヒントに”考える”ことについて考える

0ベース思考を知っていますか?   ベストセラーになった

アイデア発想の基本ブレインストーミングとは

会社が学校など複数のメンバーが集まって何かを創造しなければいけないとき

脳を活性化させるたった1つの方法

あなたがやる気がでない、集中力が続かない、モチベーションが上がらない、

→もっと見る

PAGE TOP ↑