*

ホンマでっか 英語や国語を効果的に学習する方法他まとめ

公開日: : 最終更新日:2016/09/26 脳トレ 活性化方法

ホンマでっかテレビにて放送された学習に関する専門家の様々な提案をまとめました。

 

特に心理学の観点からの英語学習と、脳科学的に国語(言語能力)を効果的に学習する方法は参考になりますよ。

 

crayons-428283_640

学校は週4日のほうが算数の成績が上がる 

環境 武田邦彦氏

週5日を4日にしても習う時間は変わらない、休みを3日にしたら忘れてしまうことを危惧していたが、
数学の成績は伸びてほかの教科は変わらなかった。

算数のように訓練が必要とする科目は集中的に勉強すると週3日休んでも忘れにくい。

※欧米の成功法を日本にもってきても成功するとは限らない。アメリカは家庭で勉強するのが文化的に存在するが日本では遊ぶだけになってしまうかもしれない。

国語の成績を上げる方法 

脳科学 澤口氏

1.小さな字を書く 

言語的な能力が上がる、文字を小さくかくことで集中力がUPするのと視野で捉える文字数がアップするから。

 

子供用のマス目の大きなノートはよくない

2.身振り手振りを交えることで言語能力が高まる

心理学による英語上達法

 心理 植木理恵氏

英語は通常文法を中心にならうが、文法は言語的IQが高い人むけであり、一般的な子供には英会話を教えてほうが伸びる。

 

painting-911804_640

 

人前で発表するのが苦手を克服する 

印象評論家 重田みゆき氏

あこがれのタレントやこうなりたい自分の物まねをして発表する

 

※ただし大学で実践している方法なので、子供に向いているのかはわからない

さんまも物まね芸人は物まねをすると普段は話すのが苦手な人でもしゃべれるようになる。

 

 

●席順を変えると成績が上がる

低学年ぐらいの男女では男を前、女を後ろの席にすると勉強習熟度があがる。

全体的に1年で10%習熟度があがる。

 

女は男の2倍の音圧レベルまで音を拾える(小学2~3年まで)。

女性とは男の子よりも音が大きく聞こえるので先生が普通に話していても怒鳴られているように聞こえる

男子は生まれたときから小さいころは集中力がないので前に席を移す。

 

レナード・サックスの提案、NYの私立小学校7校で実施されている。

 

woman-790594_640

●バランスボールに座る

 

分子技術 山本氏

人間は10~12分じっとしていると体がこわばるので、適度にゆれるバランスボールで体をほぐしたほうが集中しやすい、ち着きのない子でも集中度がUP 。

2000年のはじめからアメリカの小学校で導入され、採用する州が増えつつある

 

●競争力は成功の元? 

心理 植木氏
 

ハーバード大学が1000人の成功した起業家を調査すると小学校のときの勝敗の記憶を鮮明に覚えている。

 

成功体験や誉められた気持ちと、負けたという悔しさも大事。

 

●幼少期はある程度危険な遊びも必要 

脳科学 澤口氏

幼少期にすこしきけんが伴うような遊びのほうが創造性・社会性・心の強さがあがることがカナダの調査で発表。

子供を安全に遊ばせすぎることもよくないようだ。

安全な遊具で遊ぶと、恐怖心がないからなのか、加減がわからない子供もいる。

 

●つかまり立ちをするころに平なフローリングを裸足であるかせてはいけない

動作解析:夏嶋隆氏

でこぼこした道を歩かないと、ペタペタ歩くようになる。家の中に毛布やじゅうたんの下にざぶとんを入れて少し凹凸をつくらないと指で握って踏ん張る力が養われない。

小学2年生ぐらいまでで足の指で立てる子は将来関節炎にならない。

 

足の指の力を使ったり、つま先立ちで静かに歩く習慣をつけると音と衝撃を抑えられるが、それができないと将来かかと音がしてどんどんと音を立てながらあるく。

高校生ぐらいになると腰痛や膝の関節炎がでる。

 

●母親の顔が不安そう

indian-62358_640

心理学 植木氏

 

将来子供が友達の少ない子供に育つ。

ちょっと急な坂道を子供に歩かせて、不安そうに見守る親と笑顔で見守る親を比較すると
社交性の幅が3歳児でかなり異なり、明るい母親の子供はたくさんの子供と遊ぶようになる。

関連記事

no image

脳が活性化する方法-体験談-

「これをやったら頭がよくなった」方法を教えてください というネット掲示版での質問に対して実体験をもと

記事を読む

子供は褒めるべきか叱るべきか?憶力がアップするのはどっち

子供は褒めるべきか叱るべきか?憶力がアップするのはどっちか?結論から言えば褒めるですが、ポイントは”

記事を読む

ブレインフィットネスにおける運動の効果 やらない理由はない

ブレインフィットネス、日本語にすると馴染み深いのは「脳トレ」でしょうか。 ブレインフィット

記事を読む

no image

視点を変えて脳を活性化

今回紹介するのはだまし絵と言われるものです。 動画で紹介される画像にはぱっと見ですぐに理解できる画像

記事を読む

no image

記憶力や頭の回転をよくする意外な方法

脳を活性化させて、記憶力や頭の回転を良くする方法を調べていてちょっとおもしろい方法がありました。&n

記事を読む

なぞなぜのとんちで脳を鍛える

なぞなぞを解くためには、思い込みをなくし、問題を別の角度から見て、一見全く関係のないことがら同士をつ

記事を読む

集中力を高める3つの方法で脳の他の機能を働かせない

集中力を高めるためには、自分のすると決めたこと以外に脳のリソースを使わないことが重要です。 聞くこ

記事を読む

シリコンバレー式ダイエットで脳を鍛える

シリコンバレー式最強の食事という本をご存じですか? かなり売れた本なので書店に行く人であれ

記事を読む

睡眠不足は風邪を引きやすくする

睡眠不足は風邪を引きやすくする。 特にこれからは受験生にとっては追い込みの時期のため無理をしがちだ

記事を読む

no image

認知症予防に最適な運動コクニサイズとは

認知症予防への対策を国立長寿医療研究センターが開発しているそうです。 それは運動と頭の対策を組み合わ

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑