*

子供の記憶力は運動が有効!特に屈伸??

米ジョージア工科大学が発表した記憶力アップに運動が効果的だということを取り上げたWooRisさんの記事を紹介するんですが、運動が記憶力や脳を活性化することは多くの研究によって明らかになっていますが気をつけるべき点があります。

 

statue-381254_640

 

屈伸で本当に記憶力がよくなるのか?

 

WooRisさんの記事を要約すると

 

・特に、暗記科目に苦しんでいる子どもに運動は有効である

・運動は記憶力のアップにつながる

・スクワットでも屈伸運動でも、筋肉に負荷がかかればOK

 

で記事のタイトルが「屈伸運動で学力アップ!? 「子どもの記憶力」をグッと高めるコツ」となっているんですが、

 

このタイトルを読んで記事を読むと、屈伸運動をするだけで記憶力が向上する可能性があるのかなと思って読んでいまい、最も重要な箇所を読み飛ばしてしまう可能性があります。

 

運動で脳は活性化するただし運動の強度が重要である

runner-888016_640

 

米ジョージア工科大学の実験によると

 

90枚の写真を被験者に見せた後、半数には強度の高いマシントレーニングを50回させ、残りの半数は自由に過ごさせました。

48時間後に同じ被験者に対して、別の90枚を混ぜた合計180枚の写真を見せます。その上で最初に見た90枚の写真を選ばせたところ、運動をしたグループは60%の正答率、運動をしなかったグループは50%の正答率だったといいます。http://news.biglobe.ne.jp/trend/0114/wor_160114_3483025380.html

 

 

わかりますか、どこが重要か??

 

強度の高いマシントレーニングを50回

 

ここです。

 

male-719559_640

 

運動の種類は何でも良いことも書かれていて、スクワットでも屈伸でも良いと書かれています。

 

強度の強い運動とは

 

強度の強い運動というのは具体的に心拍数を測るとよりわかりやすいので目安を紹介すると

 

最大心拍数の85%です。

 

一般に「220-自分の年齢」が最大心拍数なので20歳なら最大心拍数は200、その85%なので170まで心拍数をあげる運動が必要になります。

 

高強度の運動を実験では行っているので筋力トレーニングで想定すると持ち上げられる最大重量の85%を用いるトレーニングであると思われますが詳細がわからないので、有酸素運動を基準に以下に運動が人間の脳を活性化させるかを丁寧に解説した「脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方」を参照にします。

 

30分のジョギングを週に2,3回するだけで遂行機能が向上する。

 

おすすめの運動として同書が提唱していたのは10分ほどの有酸素運動を準備運動としておこない、技能が必要とされる運動(テニスやロッククライミング、バランスの訓練など)を行うというものだ。

 

ただし、いきなり最大心拍数が60-70%を必要とする中強度の運動以上を始めると挫折するので、まずは低強度の運動であるウォーキングを1時間することを目安にするべきだとしている。

 

これは1時間連続であることでなく、細切れでもよいからとにかく一歩でも多く歩くことが重要であると言い換えられる。

 

最後に脳を鍛えるには運動しかないで紹介されていた運動をすることのメリットを表したブレッドポイントを引用しよう

 

・運動をさせた子供は成績が上がる

・運動をすると35%も脳の神経成長因子が増える

・運動することでストレスやうつを抑える

・運動で5歳時のIQと言語能力には大きな差がでる

・運動する人はがんに罹りにくい

・運動を週2回以上続ければ認知症になる確率が半減する

 

 

 

関連記事

ネットやSNSは脳の発達に悪影響はない

インターネットやSNSの利用による脳への影響や、SNSによる人間関係構築への否定的な意見など、テクノ

記事を読む

no image

IQの差は映像の見え方にも係る

研究によるとIQが高い人ほど情報の中から、余計なものを遮断し、本質だけを捉える傾向があることが

記事を読む

ゆっくりと脳を鍛えて記憶力をあげる3つの方法

これから紹介する脳を鍛えて記憶力を強化する方法は、一見すぐに効果がなさそうなことかもしれません。

記事を読む

「脳が認める勉強法」を学んで記憶する力を高める

この記事では本の内容をざっくりと紹介し、記憶力について考えてみたいと思います。   &

記事を読む

脳は運動をすることで海馬が大きくなりいくつでも成長する

脳は運動をすることで海馬が大きくなり、年齢に関わらずいつでも成長するそうです。  

記事を読む

プレッシャーに打ち勝ち本来の実力を出す方法

ピンチの時に活躍する人のことをしばしば僕たちはヒーローと呼ぶ。   スポーツでいえば試

記事を読む

簡単に記憶を定着させるすぐに出来る方法

あなたは自分のことを物覚えが悪いと思い込んでいるかもしれないが、それは正確にいえば間違いである。

記事を読む

集中力を高める3つの方法で脳の他の機能を働かせない

集中力を高めるためには、自分のすると決めたこと以外に脳のリソースを使わないことが重要です。 聞くこ

記事を読む

顔の印象が人の印象を決定することが科学的に証明?!

顔の印象,いわゆる第一印象が他人の印象を決定することが 科学的に証明?!されたかもしれない。 さら

記事を読む

ブレインフィットネスにおける運動の効果 やらない理由はない

ブレインフィットネス、日本語にすると馴染み深いのは「脳トレ」でしょうか。 ブレインフィット

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑