*

子供は褒めるべきか叱るべきか?憶力がアップするのはどっち

子供は褒めるべきか叱るべきか?憶力がアップするのはどっちか?結論から言えば褒めるですが、ポイントは”褒め方”が重要であるということです。

 

life-86_640

 

何かを覚える時は感情も動かすこと

 

感情を動かし、かつイメージを働かせることができるもっとも良い方法の一つは「絵本の読み聞かせ」だと言われています。

 

 

子供はイメージができないことを何でも質問してきます。

 

 

その時にそんなことは知らなくて良いとか、適当に答えたりせずに、子供の頭のなかにイメージ側買いやすい形に噛砕いて説明してあげましょう。

 

 

さて、この記事のタイトルである褒め方に話題を戻します。

 

 

これはダイヤモンド・オンラインに載っていた質問です記事URL:http://diamond.jp/articles/-/87573

 

テストの点数が良かった子供にどちらの言葉を賭けてあげるのが正解でしょうか?

 

A 「頭がいいね」
B 「よく頑張ったね」

 

 

個人的にはAを選ぶ人がいるのか疑問ですが、どちらを選ぶかによって子供の成長が変わってきます。

 

 

頭がイイねと褒めるAは能力をほめています、一方Bは努力する過程を褒めているので、Aの言葉をかけられた子供はテストで良い点数を取ることに興味を持つようになったそうです。

 

一方、Bの言葉をかけ続けられた子供は粘り強く努力を継続するようになったそうです。

 

 

 

 

 

関連記事

マインドフルネスに癒やしだけを求めて行ってはいけない

マインドフルネスとはヨーガとメディテーション(瞑想)で構成された8週間のプログラムだが、僕は今回マイ

記事を読む

「脳が認める勉強法」を学んで記憶する力を高める

この記事では本の内容をざっくりと紹介し、記憶力について考えてみたいと思います。   &

記事を読む

no image

認知症予防に最適な運動コクニサイズとは

認知症予防への対策を国立長寿医療研究センターが開発しているそうです。 それは運動と頭の対策を組み合わ

記事を読む

集中力は音楽で本当に付くのか?ポイントを外すと悲惨

音楽をかけることによって集中力が付く。 これはよく知られている集中法の一つかもしれません。

記事を読む

シーブリーズで集中力アップ 脳科学澤口が共同研究

シーブリーズで集中力がアップする!?   ホンマでっかでお馴染みの脳科学者澤口氏と共同

記事を読む

no image

一年の計は元旦にありとセットの言葉

一年の計は元旦にあり。  この言葉は多くの人が知っていると思いますが、実はこの言葉には対に

記事を読む

医師が実践する脳トレ(ブレインフィットネス)

脳を専門とする医師はどんな脳育(ブレインフィットネス)を行っているのか。 認知症、脳卒中、

記事を読む

有酸素運動と脳トレどちらが脳に効果があるのか?

有酸素運動をすることで脳が鍛えられることは有名ですが、この本が出版されたことが大きいと思います。

記事を読む

医学博士の脳トレは食事運動そして生活のメリハリ

”なないろチャレンジ”に(株)脳の学校代表取締役 医師医学博士が出演。   1万人以上

記事を読む

飲食店でできる簡単脳トレ

 脳トレを日常生活のちょっとした瞬間でも意識することで認知症対策になります。 た

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑