*

脳はストレスをかけると活性化する でもそれどのくらいかければいいの?

climber-984380_640

 

脳はストレスをかけると活性化する。

 

その理由は前回の記事に書いた可塑性と関係している。

 

ストレスがなぜ脳を活性化するのかというと、新しいことを始めたり、身体活動に特定の負荷をかけた筋トレのよう身体エクササイズには少なくとも快適なゾーンから踏み出すので失敗やストレスを感じるからだ。

 

脳は上達していく過程においてニューロンが活性化するが、上達しきるとルーティンになり活性化は止まる。

 

どれくらいのチャレンジなら適切なチャレンジといえるのか?どんなチャレンジをするべきなのか?ストレスが溜まり過ぎると脳はどんな状態になり、どうやってその状態から回復するのだろうか?

 

 

チャレンジには多様性が必要

band-691224_640

 

例えばクロスワードパズル。

 

このパズルは言語や推理力を向上させると思われるが実験によると最初から10回め以降は脳に与える影響はごく僅かなものになる。

 

脳はある一部の領域だけでなく、全体的に鍛えたほうがニューロン間の結合を活発にできる。

 

まったくやったことがないことをやることが推奨されるのは普段使わない脳域を活性化させることができる可能性が大きいからだ。

 

専門家になればなるほど、一部の領域しか脳を使わなくなることがある。

 

 

よく知られていることだとは思うがどのようなチャレンジがより多くの脳領域を活性化させるのだろうか?

 

ひとつ目は音楽、楽器を演奏すること。

 

音楽活動に10年以上関わった人は過去に音楽をまったくやったことがない人とくらべて、視空間記憶や情報に適応する能力において高いスコアを出す傾向がある。

 

 

ふたつ目は新しい言語

 

 

バイリンガルであることは他種類の有益な可塑的変化のきっかけを作ることができる。

 

 

どちらの言語を使用するべきかを選択する行為が脳への効果的なエクササイズになっている可能性がある。

 

 

ゲームは脳に悪影響なのか?

determination-899011_640

 

攻撃性や反社会性の強化といった否定的な側面が取り上げられることがあるが、極端なゲームをぷれーしないかぎりはほとんどのゲームが影響はないと言われている。

 

FPS(ファーストパーソン・シューティング)などのアクションゲームやある種の戦略ゲーム、ソーシャルゲームなどには脳機能を改善するものがある。

 

長期にわたる脳機能の保護にどの程度コンピューターゲームが役立つかの研究は結論がでているほどの成果はないが、クロスワードパズルの代わりとしてプレーするには効果が見込めそうだ。

 

 

社交性は認知の強化に繋がるのか

認知力の強化する要素として必ず紹介されるのが社会性だ。

 

社会性とは極端にいえば他人と交流することを意味している。

 

ただしこれには条件がある。

 

 

それは日常的な社会的交流(友人と飲みに行く、家族とおしゃべりをする)よりも、目的をもったグループに所属するほうが認知力の向上が期待できる。

 

 

目的を持ったグループとして一番わかりやすいのが、議論をすることを目的とするグループの例だろう。

 

議論に参加するには自分の意見を保つ必要があるが、他の人びとが考えていることを想像したり、推測すること、他人の意見を取り入れて自分の意見や記憶を上書きし、それを記憶すること、不適切な発言や態度を抑制することなど様々な認知プロセスが必要になる。

 

 

人間は社会的な動物であり、常に他の人とのつながりを求めているが、その交流には深く積極的に加わることがポイントである。

 

慢性的なストレスを脳に受けると認知力低下リスク大

girl-1186895_640

 

慢性的なストレスはある種の神経伝達物質を減少させ、抑うつに繋がる。

 

 

強いストレス状態にある人は、運動などの健康的なライフスタイルを顧みない傾向にあるのも問題を大きくする。

 

さらに、ストレスを緩和するために喫煙や飲酒などの行動を好みやすい。

 

 

抑うつは国立衛生研究所のメタ分析によると認知力が低下するリスクを上昇させる。

 

 

強いストレスが長期に渡ると平衡状態に戻すことが難しくなる。

 

ストレスを解消するためには

building-1080592_640

 

ストレスは解消する方法を生活の中に組み込むことが理想的である。

 

 

  • 運動
  • リラクゼーション(瞑想やヨガ、散歩など)
  • 社会的なつながり(人間関係や信頼、支えられている感覚)
  • エンパワーメント
  • 笑い

 

これらがストレスを解消する日常生活に取り組むべき項目であるが、中でもマインドフルネス瞑想はストレス管理において明白な効果を示す研究成果がある。

 

ただし、マインドフルネス瞑想は簡単ではない。

 

しっかりと実践するためには、トレーニングを積んだ講師から直に教えをうけ最低でも8週間以上のトレーニングをコツコツとつづける必要がある。

 

 

瞑想の基本はゆっくりと呼吸をし、呼吸に集中することだ。

 

 

ゆっくりとした呼吸を数分間するだけでもストレスを軽減する可能性は高い。

 

本格的な瞑想はとてもハードルが高いが、まずはゆっくりと大きく呼吸をして脳にたくさん酸素を供給してみることから初めてみるべきだ。

 

呼吸を大きくゆっくりとしてみた結果がポジティブならば、本格的な瞑想を始めるなり、有酸素運動なりを行いさらに多くの酸素を身体に取り入れることを目指すようにすればよいだろう。

 

関連記事

バランスを鍛えると「頭と体」のバランスも最適化されるのか

バランス能力とは静止または動的動作における姿勢維持の能力です。     こ

記事を読む

オリジナルのコンテンツを産むコツは”見つける”こと

ネット上などのオンラインで人びとの興味を引き、自分が伝えたいことを伝えるために90秒しかな

記事を読む

集中力は音楽で本当に付くのか?ポイントを外すと悲惨

音楽をかけることによって集中力が付く。 これはよく知られている集中法の一つかもしれません。

記事を読む

自分に合った脳の使い方を学んで成功に近づく

自分に合った脳の使い方という本を読んで学べたことをシェアします。   この本は脳科学の知見をコン

記事を読む

マインドフルネスのやり方で集中力をつけるための3つの要点

マインドフルネスの創始者であるジョン・カバット・ジン氏の著作を読んでマインドフルネスについて勉強中し

記事を読む

努力は言い換えると「頑張る」ではない

努力という言葉にどんな意味があるのかを考えたことがある方はあまりいないかもしれません。  

記事を読む

才能が限界を決める?練習は無駄なのか

米ミシガン州立大学の心理学教授ザック・ハンブリック氏の研究によると、チェスなどのゲームや楽器の分野に

記事を読む

no image

最強の脳トレはラブレター??

脳トレといえば、数字を計算したり ゲームに代表される脳の瞬発力を必要とするものだったり様々ですが、も

記事を読む

勉強やスマホPCで悪くなった姿勢を正す簡単運動

チョイス@によると、ストレートネックや姿勢の悪さがきっかけで日常生活を送るのも困難になった人もいるそ

記事を読む

「なおざり」と「おざなり」の違い

日本語には似たような言葉で、微妙な違いがあるが違いがわからない言葉があります。   今

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑