*

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

公開日: : 息抜きコンテンツ, 脳トレ-算数

   

 

「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレンジしていた問題で、紙や布などをある寸法にあわせて切る「裁つ」から産まれたと言われる問題です。

 

今回の裁ち合わせは横と縦の長さが1メートルと2メートルの長方形を適当に切って並び替えて正方形を作るにはどうしたら良いのかという問題。

 

 

ヒントは正方形の特徴を考えて切り離すこと。

 

 

 

正方形 対角線の性質が鍵

 

この問題を解くためには正方形がもっている特性を利用しましょう。

 

正方形がもつ特性とは

 

 

正方形の縦と横の比は1:1

正方形の一辺と対角線の比は1:√(ルート)2

 

 

まずは正方形を回転させてこの形をイメージしましょう。

 

 

 

この正方形を問題文の1M×2Mの長方形からつくるためには

 

一辺の長さが√(ルート)2の正方形が出来上がらなければいけません。

 

 

実際にどのように裁断しくっつければ出来上がるのかというと

 

 

このように裁断して

 

 

 

切り抜いた三角形を残ったグレーの図形にくっつければ正方形の出来上がり。

 

(図はあえて途中を載せてあります。残った三角形をグレーの図形の下に付ければ完成ですね)

 

今回は4つに裁断する方法を正解として紹介しましたが、3つに裁断してくっつけて作る方法もあるので是非考えてみてください。

 

 

個人的には3つに裁断してほうが簡単に思えるんですが・・・、気が向いたら正解の図も紹介するかも。

関連記事

白湯の健康効果は正しい作り方次第?注意点は

厚生労働省が昨年から展開しているのはその名の通り「健康のために水を飲もう」運動。  

記事を読む

大人のための算数問題.1

文章問題の算数を紹介しますが、ならべく方程式を使わずに数量関係をしっかりと把握したうえで回答が出せる

記事を読む

あなたは凡人ですか?

凡人か非凡か、何をもってそれを判定するのか? 一つには美的センスで凡人かどうか判定してみましょう。

記事を読む

大人のための算数問題.2

文章問題の算数を前回に引き続き紹介します。   ポイントはなるべく方程式を使わずに数量

記事を読む

ありふれた文章に潜む論理的な間違い

  書類は朝の9時までに必ずだしてください。   こんな文章を見かけたこと

記事を読む

脳はストレスをかけると活性化する でもそれどのくらいかければいいの?

 脳はストレスをかけると活性化する。 その理由は前回の記事に書いた可塑性と関係し

記事を読む

「なおざり」と「おざなり」の違い

日本語には似たような言葉で、微妙な違いがあるが違いがわからない言葉があります。   今

記事を読む

【ネタ】映画邪悪な笑顔TOP10動画などなど

半沢直樹や下町ロケットでも印象的だったのが、いかにも悪巧みをしてまっせな人たちの笑顔。  

記事を読む

セカオワもハマるゲーム「キャット&チョコレート」で脳トレ

セカオワもハマるゲーム「キャット&チョコレート」とは一体どんなゲームなのか? また、このゲ

記事を読む

IQが高すぎることのデメリットが面白い

IQが頭の良さを表す指標かどうかは疑問があるものの、突出したIQを持った人は一般的な人とは違う脳の構

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑