*

【コーヒーブレイク】目の錯覚有名な10個のトリックを解説した動画

公開日: : 息抜きコンテンツ

この記事は当サイトにたくさんあるクイズや脳トレにつかれた人の休憩のための記事。

超有名な人間の錯視や思い込みを利用した10このトリックを解説した動画を紹介します、英語の動画ですが分からなくても画像をみればトリックの内容はわかりますよ。

あなたはこのトリック見破れますか?

 

medita87_640

動画の収録されている10個の有名なトリック

 

1.平面に書かれた絵が立体に見える

2.エイムズの部屋

3.目がどこまでも追いかけてくる”Following Eyes”

4.青×黒Or白×金?のドレス

5.サークルイリュージョン

6.モーションイリュージョン

7.アニメーションイリュージョン

8.ドロップオフルーム

9.イエス、ノー

10.The Hidden Chairs (隠れた椅子)

 

 

おまけ:コーヒーを入れた後の粉の使いみち

cocoa-824086_640

コーヒーを引いた後に残る粉は通常は処分するだけですよね。

もしくはコーヒーのカスは消臭効果があることを知っている人は灰皿などに入れている人はいるかもしれません。

 

それよりももっと効率良く、かつどんな家庭にも使える消臭剤としての効率のよい使いみちがあります。

 

消臭するのは電子レンジです。

 

コーヒーを入れたあとに残った粉を湿ったまま耐熱容器にいれて電子レンジで加熱します。

 

 

私も実際にやってみましたが、600wで2分半加熱しました。

 

確かにレンジの庫内がコーヒーの香りで満たされて、食べものの混ざったような嫌なニオイは消えます。

 

 

加熱してから6時間ほどたった電子レンジの臭いを嗅いでみましたが、庫内に鼻を突っ込んでみると多少臭いは残っていますが、開けた瞬間に食べ物の匂いが混ざったような臭いがすることはなくかすかにコーヒーの香りがする感じです。

 

 

さらにその加熱して乾燥したコーヒーを床にまいて掃除機で吸い取りましょう、掃除機の脱臭にもなります。

 

 

靴箱に完走した使用済みのカスを入れておくのも効果的ですよ。

 

掃除機の

関連記事

20代30代の男性ファッションで女子に理解されないアイテム

20代や30代の男性ファッションにおいて、女子に理解されない、下手をするとダサいとすら思われてしまう

記事を読む

【ネタ】映画邪悪な笑顔TOP10動画などなど

半沢直樹や下町ロケットでも印象的だったのが、いかにも悪巧みをしてまっせな人たちの笑顔。  

記事を読む

ブレインストーミング法の注意事項「数出し」にこだわらない

量が質を産むためには、一つ一つのアイデアに批判を加えず判断をせず、とにかくたくさんのアイデアを出す方

記事を読む

脳はストレスをかけると活性化する でもそれどのくらいかければいいの?

 脳はストレスをかけると活性化する。 その理由は前回の記事に書いた可塑性と関係し

記事を読む

偉大なシェフと失敗したレストランのシェフの話

  グランドシェフが急に金曜日の夜に厨房から去ってしまった。  

記事を読む

論理的な思考「かどうか」「どれくらい」

    「知性を磨くための論理37問」という本を読んでいて、僕もつい使ってし

記事を読む

no image

正方形が40個以上みつけられますか?

正方形が沢山並んでいる画像の中から 31個見つけたら優秀な人材、 35個は天才、 40個以上はアップ

記事を読む

セカオワもハマるゲーム「キャット&チョコレート」で脳トレ

セカオワもハマるゲーム「キャット&チョコレート」とは一体どんなゲームなのか? また、このゲ

記事を読む

no image

イリュージョン錯視動画10個の謎を見破れ

当サイトでは定期的に取り上げている錯視。  これは脳が本来あるはずのないものを勝

記事を読む

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレンジしていた問題で、紙や布など

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑