*

大人の算数クイズ.3

公開日: : 息抜きコンテンツ

A、B2つの電球がある。

 

 

スイッチを入れると電球は同時につき、Aの電球は2秒間ついては1秒間きえることを繰り返し、Bの電球は3秒間ついては2秒間消えることを繰り返す。

 

スイッチをいれてから5分間で、両方の電球が同時に付いている時間は全部で何秒か

 

 

答え。

 

ふたつの異なるサイクルをもった電球だが組み合わせて一つと考えると15秒毎に同じ動きを繰り返す。

 

15秒間にAB同時に点灯するのは6回だけ。

 

 

5分間に15秒のサイクルは20回あるので、20*6で120秒

 

 

 

 

ある道路の左側には街灯が45Mずつ等間隔で立っている。

右側には電信柱が60Mずつ等間隔で立っているとき、どちらも端から端まで立っているとする。

 

その差が4本である場合、街灯と電信柱を合わせた本数は何本か?

 

 

答え

 

道路の長さをXとすると街灯と電信柱の本数の差を数式にすると

 

 

X/45+1-(X/60+1)=4

 

X=720

 

 

柱と街灯の数をそれぞれ計算すると17+13=30本。

 

 

おまけ:シャベルとスコップの違い

 

 

シャベルは英語でスコップはオランダ語が語源という違いだけでなく、土を掘る用途に使うのが「シャベル」、シャベルよりも小型で土をすくう用途が「スコップ」。

 

日本では地域によってスコップをシャベル、シャベルをスコップとよぶ地域もあるので注意。

 

 

おまけ2、相手の●●●を引き出す

 

・AかBかどちらにしますかと問う

・わざと断られる提案をあえてする

・欠点を伝える

・みんなが得をするという

 

これらはあなたからYESを引き出すテクニックです。

 

他に小さなイエスからより大きなイエスを引き出すテクニックには注意が必要です。

 

署名をさせておいて募金を頼むが典型的なパターンですね。

 

小さなNOはナンパなどでよく使われるテクニックで、最初は絶対に断られる提案をしてから、じゃあこれだけ一緒にいかないともっていくやり方ですね。

 

 

断固NOを貫きたいときは相手に何を言われても、ひたすらNOを突き通しましょう。

 

 

関連記事

偉大なシェフと失敗したレストランのシェフの話

  グランドシェフが急に金曜日の夜に厨房から去ってしまった。  

記事を読む

【コーヒーブレイク】目の錯覚有名な10個のトリックを解説した動画

この記事は当サイトにたくさんあるクイズや脳トレにつかれた人の休憩のための記事。 超有名な人間の錯視

記事を読む

大人のためのクイズ:知っておくべき常識

大人のためのクイズ、知っておくべき常識編です。   今回はクイズ形式ではないですが、意

記事を読む

あなたは”独り”じゃないというタイトルが響く理由

海外のマーケティング関連のブログを読んでいて面白い記事をみつけました。   以下は引用

記事を読む

北海道・東北 桜の名所

東京ではすでにちってしまった桜。 仙台より北ではこれから見頃を迎えルにあたって おすすめの東北・

記事を読む

ワンピースクイズに答えてクイズ王になる.1

突然ですが、ワンピースに関するクイズを出します。  木村拓哉さんがSMAP×SM

記事を読む

【ネタ】映画邪悪な笑顔TOP10動画などなど

半沢直樹や下町ロケットでも印象的だったのが、いかにも悪巧みをしてまっせな人たちの笑顔。  

記事を読む

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(そもそも、そういうサイトじゃな

記事を読む

「なおざり」と「おざなり」の違い

日本語には似たような言葉で、微妙な違いがあるが違いがわからない言葉があります。   今

記事を読む

グーグル社員も実践「マインドフルネス」とは

「世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方」の一つとして紹介されることが多い「マインドフルネス」

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑