*

偉大なシェフと失敗したレストランのシェフの話

公開日: : 息抜きコンテンツ

 

グランドシェフが急に金曜日の夜に厨房から去ってしまった。

 

副シェフは自分が有名なレストランのシェフに昇格したことを理解した。

 

次の月、副シェフの彼女は昼も夜も働いた。

 

彼女は有能だったにもかかわらず、レストランの評判は落ち始めた。

 

 

危機感を持った彼女はメニューに思い切った変更を加えた。

 

更に次の週彼女は、シーフードの業者を再考し、ホールスタッフのユニフォームをみなおし、テーブルクロスを変えた。

 

にも関わらず、多くの常連が落胆し、頭を振って去っていった。

 

明らかに、最悪の週を終えて、彼女はレストランが直面している問題を認め、何から始める必要があるのかを考え始めた。

 

そこで彼女は誰にも言わずにレストランを出て、近所の有名なシェフの元で数週間の修行にでます。

 

そのシェフは年配の料理の達人でしたが、あまり話はしない。

 

 

彼女はシェフの横にたって作業を見て盗むしかなかった。

 

何日かたち、彼女はシェフの技術は準備と整理によるものだと気が付いた。

 

彼女は多くのことを学んだが、味の秘密はわからなかった。

 

だが、彼女の死にかけのレストランとの違いは理解できた。

 

数週間後、今彼女がしていることが無駄だったのかもしれないと感じながらも彼女はシェフにお礼をいい、自分の店に戻る時に

 

「材料」、シェフがささやいた。

 

「材料がなんでしょうか?」
「材料に君は敬意を払っていない」

「どういう意味でしょうか、私は自分にできる最高の材料をそろえていますし、あなたも私と同じ業者から仕入れています」

 

「君の問題はそこじゃない」

 

「君は傲慢だ」

「君はあっといわせるような、忘れることもできないような皿を客に提供し、客を快感を提供したいと思っている」

「はい、でもそれの何がいけないのでしょうか」

「君の失敗は、君の材料はすでにもうあっといわれるような素晴らしいものだ」

 

「偉大なシェフは自分自身を癒す方法を知っている、それは材料に敬意をもつことだ。材料を無駄にしないことが大切なんだ」

 

「トマトのキレイな潰し方は数百の方法がある」

彼女は何も言わずに急いで自分のレストランにもどった

関連記事

論理的な思考「かどうか」「どれくらい」

    「知性を磨くための論理37問」という本を読んでいて、僕もつい使ってし

記事を読む

英語学習のポイント”最初の一歩”はやはり「文法」

英語学習のポイントである何からはじめるのか?僕も英語に力をいれて学習しているときには聴くこと「リーデ

記事を読む

IQが高すぎることのデメリットが面白い

IQが頭の良さを表す指標かどうかは疑問があるものの、突出したIQを持った人は一般的な人とは違う脳の構

記事を読む

しめしめの語源や小賢しい意味や類語など気になった言葉

「しめしめ」「小賢しい」という言葉を実際に使ったことがある人います??僕は思い返す限りないです。

記事を読む

論理パズル!ナイトと嘘つきの島

ある島には常に本当の事をいうナイトと、ウソしかつかない悪人が住んでいます。   あなた

記事を読む

あなたは”独り”じゃないというタイトルが響く理由

海外のマーケティング関連のブログを読んでいて面白い記事をみつけました。   以下は引用

記事を読む

コーヒーの口臭対策はシンプルに水を飲め

コーヒーのカフェインには短時間ですが覚醒効果があるため、日頃から愛飲している方も多いはず。 &nb

記事を読む

「なおざり」と「おざなり」の違い

日本語には似たような言葉で、微妙な違いがあるが違いがわからない言葉があります。   今

記事を読む

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題

頭をやわらかくする難しいけど簡単な問題をこれから紹介します。     難し

記事を読む

見込み客を顧客へと導く7つの方法

  見込み客を顧客に変えるためには見込み客の気持ちをあなたが理解し、あなたのビジネスから

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑