*

あなたは”独り”じゃないというタイトルが響く理由

公開日: : 最終更新日:2017/02/17 息抜きコンテンツ

海外のマーケティング関連のブログを読んでいて面白い記事をみつけました。

 

以下は引用です

”In two and a half years of sending all kinds of emails to all kinds of lists,
the simple phrase “You Are Not Alone” is the most-opened subject line
I’ve ever seen — by far.”

 

僕なりに上の文章を訳すとこんな感じです。

 


二年半の期間で様々なE-メールを送ったが最も開封された
タイトルは”あなたは独りじゃない”というシンプルなものだった。

 

 

日本語にするとものすごく照れくさい言葉ですね、

 

マイケル・ジャクソンの素晴らしいバラード曲で同じようなタイトルがあります。

「YOU are not alone」という曲です。

ライブ映像の演出がまたものすごいんです。

観客をステージに一人あげてマイケルとハグができるという演出が印象的で、最後は離れたくない観客をスタッフがむりやり引き剥がします(しかも歌っている最中にwww!!)

 

「独りになりたくない」というのは人間の普遍的で説得力のある感情だと思います。

人間が最も恐れていることは「死」ですが、人間はどこまでも社会的な生物なので、独りで生きていくコトはほぼ不可能です。

 

人間の心理を動かす言葉を使う効果

こういった人間の普遍的で根源的な感情に訴える表現を使ったE-mailのタイトルはたくさん送られてきますよね?

迷惑メールフォルダーにいれたメールを見てみてください。

 

いつもまったくチェックせずに空にしている人はたまに中身を見てみると意外にも面白い発見がありますよ。

(多くは下ネタとお金に関するメールだと思いますが中には秀逸なタイトルあり!!)

人間の感情に訴えるタイトルばかりではありませんか?

 

僕の迷惑メールフォルダーを見てみると

  • 東北大震災のおかげで、ものすごく儲かっている人達がいます
  • 二人だけの秘密にしてください
  • あなたにしかできない事がある。

 

つまり、この”あなたは独りじゃない”という系のタイトルは即スパムフォルダー行きになる可能性があるのです。

 

最も開封率の高いタイトルですが、このままつけるだけではをタイトルだけで迷惑フォルダーに入れられてしまうかもしれません。

 

 

なによりも胡散臭すぎです。

 

でもこのあなたは独りじゃないというメッセージ自体をあなたの読者や大切な人に伝えることはとても大切なことです

 

読者にはあなたが味方だということを知らせるべき

あなたが読者や顧客に対して良い結果や助けをもたらす有益な存在である、ということを理解させれば、どんなメッセージでもサービスを売りつけたとしても、あなたはヒーローになれます。

 

この行為を継続して行っていくことで、この立場を永続的につないでいくことも可能でしょう。

 

その際、”あなたは独りじゃない”という感じのタイトルはメールを開封させるメッセージとしてはいいタイトルです。

 

しかし、それはただメールの開封を促すだけで本当の中身はコンテンツにあることを忘れてはいけません。

 

読者の興味を引くには彼らの問題を解決する価値をあなたが提供できることを証明しなければいけません。

 

また”あなたは独りじゃない”というタイトルは開封率を脅威的に上げるだけではなく、返信やコメントを多く集めるタイトルでもあるので受け取ったメッセージへの返信やコメントバックは必須です。

 

読者の悩みを解決し、孤独感から開放することへの手助けは彼らからの賞賛をもたらすでしょう。

 
読者が求めていることを知るためには

“あなたはひとりではない”

こういった感情に訴えるタイトルが有効なのは人間の欲求や感情はなくなることが無いからです

 

ニーズに反応するためには人々が本当に欲しいと思うものを提供しなければ意味がありませんが、それにはあなたが読者がどんな人であるかを知っていなければそれはできません。

 

読者が本当に望むことを発見するためには、読者に聞くのが一番です。

 

しかし、それができない場合は何も役に立つコンテンツを提供することができないのでしょうか?

 

誤解を恐れず言い切ってしまうと、答えは違います。

 

マーケットにはあなたも一消費者として存在しています。

 

たとえ、サービスや製品を売ろと考えているとしてもあなたも日々なにかを買ったり、サービスを受けているでしょう。

 

そのときどんな気持ちでその商品やサービスをかいましたか?

 

また夜はどんなことを考えながらすごしていますか(もしくは過ごしていたか)。

 

心配、楽しみ、悲しみ、うんざり、恐れ、驚き、孤独を感じた時、つまりあなたの感情が動かされた時はどんなこと、どんな時でしたか?

 

そのときどんなことがその感情を解決するのに役にたちましたか?

 

まずは自分自身を見つめなおしてみることから読者の気持ちを知る作業ははじまります。

 

 

ネガティブな見出しも有効

 

これはあくまでも応用技です。

 

毎回使うのはよくありませんが、時には効果的です。

 

それは否定的で警告を与えるような見出しを使うことです。

 

例えば、[失敗を人の特徴]とか[だからあなたは稼げない]といったタイトルです

 

この手の見出しは不快感やメルマガの解除など、問題を引き起こす可能性もありますがメールの開封率は多くの場合あがります。

 

大事な事はただ危機感をあおるだけではなくコンテンツに解決策やどうすればいいのかを書いてあげることです。

 

まとめ

 

常に問題を解決するヒントを与え続けること。

そしてメールやコメントを歓迎している態度を示し続けること。

なによりも読者の気持ちを理解しようという気持ちや態度で読者と接することです。

 

以上があなたは独りではないというメールのタイトルに集約されているためこのメールの開封率が以上に高くなる理由です。

 

ただこのタイトルをつけてメールをおくればいいというわけではないことだけは確実に理解するべきです。

関連記事

論理的な思考「かどうか」「どれくらい」

    「知性を磨くための論理37問」という本を読んでいて、僕もつい使ってし

記事を読む

見込み客を顧客へと導く7つの方法

  見込み客を顧客に変えるためには見込み客の気持ちをあなたが理解し、あなたのビジネスから

記事を読む

反復を繰り返して一つのことだけを学習し続けるのは効率が悪い

勉強に限らず、スポーツや楽器や新しい概念など何かを学習しようとする時、ひたすら一つのことに集中して反

記事を読む

知っているようで知らない似ている言葉の違い

チョコとホワイトチョコの違いは一体何? シェフとコックは? 重傷と重体の違いは?

記事を読む

オリジナルのコンテンツを産むコツは”見つける”こと

ネット上などのオンラインで人びとの興味を引き、自分が伝えたいことを伝えるために90秒しかな

記事を読む

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレンジしていた問題で、紙や布など

記事を読む

脳はストレスをかけると活性化する でもそれどのくらいかければいいの?

 脳はストレスをかけると活性化する。 その理由は前回の記事に書いた可塑性と関係し

記事を読む

プレッシャーに打ち勝ち本来の実力を出す方法

ピンチの時に活躍する人のことをしばしば僕たちはヒーローと呼ぶ。   スポーツでいえば試

記事を読む

ブレインストーミング法の注意事項「数出し」にこだわらない

量が質を産むためには、一つ一つのアイデアに批判を加えず判断をせず、とにかくたくさんのアイデアを出す方

記事を読む

元日と元旦の違いなど微妙な言葉の違い集

元旦と元日、この2つの言葉には明確な違いがあるので間違って使うと結構痛いです。 例えば「1

記事を読む

敬語させていただくの用法で注意すべきこと「許可」と「恩恵」

  させていただく。   よくテレビで芸

多数決は本当に民主的?正しく決断するのは無理ゲーなのか

タイトルに”民主”を使いましたが政治の話をするわけじゃありません(

正方形を使った「裁ち合わせ」問題

      「裁ち合わせ」とは江戸時代から人びとがチャレ

脳の疲労は睡眠時間を確保するだけでは解消しない

  疲労を回復させ、脳のパフォーマンスを最大化するため

カテキンの多いお茶の種類は玉露?紅茶?

カテキンの多いお茶は何か、思いつく所では玉露・煎茶・紅茶などにカテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑